チェックマークグループのためのデータタイプ

チェックマークグループのデータタイプを設定できるのは、データタブです(フィールドプロパティのダイアログボックス内)。

  • 空の選択を許可グループ内で少なくとも1つのチェックマークを選択する場合は、このオプションを有効にしてください。その場合、グループでチェックマークが選択されていないと、プログラムは関連する警告を表示します。
  • 複数選択を許可このオプションを有効にすると、グループ内の複数のチェックマークを選択できます。このオプションを無効にすると、グループでチェックマークが複数選択されているときに警告が表示されます。
  • 検証エラーを警告として処理指定した制約に違反して警告として扱われるようにするには、このオプションを選択します。警告は、オペレータが次の処理段階に文書を送信することを妨げるものではなく、補正されていない形式のエラーの場合、オペレータによる追加の確認が、送信する前に必要です。
  • 行のチェックマーク数ここでは、フィールド検証中にデータフォームのチェックマークが画像の表示通りに配置されるよう、各行に表示するチェックマーク数を指定できます。チェックマークが照合しやすくなるので、検証の速度が上がります。デフォルトの値である1のままにしておくと、データフォームのチェックマークは1列に表示されます。
    注:指定するチェックマーク数がデータフォームの1行に適合しない場合、次の行に持ち越されます。
  • 数としてエクスポートこのオプションを選択すると、チェックマークが全て数字でチェックされます。複数のチェックマークが選択されている場合、チェックマークの値の合計をエクスポートできます。チェックマークグループの値は、次を使用するとスクリプトから利用できます→プロパティ(IFieldインターフェイスを使用します

チェックマークの名前を変更するには、好きな行を選択して次をクリックします→編集...。ダイアログボックスが表示されたら、チェックマークフィールドの新しい名前と、エクスポート中にチェックマークに割り当てる新しい名前を入力します。

チェックマークフィールドが未選択の場合や、複数のチェックマークフィールドが選択済みの場合に、エクスポートする値を定義できます。実行する場合は、<項目が選択されていません>か<複数項目...>のどちらかをリストから選択して、編集...をクリックします。次に開いているダイアログボックスで、フィールドに目的の値を指定してください。エクスポートされた値フィールド。エクスポート値が未指定の場合:a) チェックマークフィールドが未選択だと、空の文字列がエクスポートされます。b) 複数のフィールドが選択済みの場合、選択されたチェックマークフィールドの値が指定されます(区切りはコンマ)。また数としてエクスポートオプションを選択済みの場合、全てのチェックマークが数字であるとチェックされて、チェックマーク値の合計がエクスポートされます。

以下も参照してください:

チェックマークグループの作成

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article