ウェブ検証ステーション

ウェブ検証ステーションは、データの検証、問題あるバッチや文書の処理、アセンブリエラーの補正、データルールの適用、バッチの整合性チェックに使用されます。ウェブ検証ステーションは、以下のロールタイプを持つオペレータにより操作されます:データ検証オペレータ、検証オペレータ、シニア検証オペレータ。ステーションにログインするときにオペレーターが選択したロールに応じて、さまざまなキューのタスクを表示および処理できます。

ウェブ検証ステーションは、インターネット上で稼働します。ステーションへの接続は、基本認証かFlexiCapture認証モジュールを採用した認証を使用できます。ステーションにログインするには、以下のリンクを使用します:

http://<ApplicationServer>/FlexiCapture12/Verification - HTML5を使用するウェブ検証ステーションへのログイン用

(<ApplicationServer>はアプリケーションサーバーがインストールされているコンピュータの名前)

ウェブ検証ステーションでキューのタスクを処理できるようにするには、バッチタイププロパティで、キュー用のWeb ステーションを有効化オプションを選択してください (バッチタイププロパティ → ワークフロータブを選択)。

注:ウェブ検証ステーションとウェブキャプチャステーションのカスタムロールでは、データに関する操作へのアクセスとタスクに関する操作へのアクセスの構成はサポートされていません。標準のオペレータロール構成のみが利用可能です(データ検証オペレータ,検証オペレータ ,上級検証オペレータ)。

ウェブ検証ステーションについて詳しくは、ウェブ検証ステーションヘルプページを参照してください。

以下も参照してください:

差異表

20.02.2021 12:32:42


Please leave your feedback about this article