分散検証

分散検証 では、ステージで検証が必要なフィールドのセットを制限できます。分散検証は、検証およびデータ検証ステージのタイプで使用できます。作成 カスタム処理ステージ これらのステージに基づいて、異なるステージで異なる文書フィールドを処理することが可能になる(文書をステージに送るルールは スクリプトで設定されます )。

分散検証のための一連のフィールドを作成するには、次の手順を実行します:

  1. ステージのプロパティダイアログボックスから フィールドセット タブを 開きます 。以下、 >>> ボタンを使用して、ステージのフィールドセットを作成します。
  2. エントリ条件 このステージで文書を処理するかどうかを決定する条件を指定します。
    • 常に
    • 行わない
    • これらの条件の下で

  1. タブの文書の次のステージを指定します。 ルーティングを終了 タブをクリックします。文書を他のステージで処理するかどうかを決定する条件を指定することもできます。
    分散検証を使用する場合は、次の点に注意することをお勧めします:
    • エラーに関する情報は、エラーに関連付けられた少なくとも1つのフィールドが、以下がが使用できるデータセットに含まれている場合にのみ、「エラー」ウィンドウに表示されます: オペレータ 。エラーに関連するフィールドがフィールドセットに含まれていない場合、エラーが含まれている情報は、 オペレータには表示されません 。
    • エラーに関連するフィールドのいくつかが指定されたフィールドセットに含まれていない場合、エラーに関する情報がエラーウィンドウに表示されますが、 オペレータ はフィールドセット外のフィールドに移動してエラーを修正できません。
    • もし データ検証 ステージで高いセキュリティレベルを確保する必要がある場合は、 選択したフィールド外でページ画像を非表示 オプションを選択します。このオプションを選択すると、指定したフィールドセットのフィールドだけが オペレータに使用可能になります 。その他のフィールドはすべて非表示になります。

注: このオプションが選択されているが、フィールド定義が誤って検出された場合、または文書定義と一致するときにシフトした場合、 オペレータ はフィールドの検証に失敗する可能性があります。この場合、 オペレータ は画像を 例外 ステージに送信します。

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article