マシン可読フォームの作成

アンケート、社会保障フォーム、ポーリングスリップ、および保証カードは、異なるタイプの フォーム であり、これは、異なるタイプの情報を収集します。

フォームは他のタイプの文書とどう違うのですか?

  1. フォームには常に設定された数のフィールドが含まれます。
  2. 各フィールドは、特定の種類の情報のみを含むことができます。「姓」フィールドには姓のみ(正しく入力されている場合)が含まれ、「日付」フィールドには日付のみが含まれます。

フォームは、多数の回答者から情報を収集する必要がある場合に使用されます。手作業による情報収集は長くて面倒なプロセスであり、タイプミスやエラーはもはや避けられません。このプロセスを自動化するために、機械による読み取りが可能なフォームが使用されます。

自動フォーム処理は、次の段階で構成されます:

  1. フォーム処理アプリケーションを設定(文書定義を作成、認識されるフィールドを指定)。
  2. フォーム画像の取得(スキャン)。
  3. フォーム画像の処理(画像の認識と抽出されたデータの検証)。
  4. 抽出されたデータを外部情報システムにエクスポート。

フォームの自動処理は、この章で説明する要件を満たすフォームで最も効果的です。

マシン可読フォーム

機械による読み取りが可能なフォームの要素

フォームの完成方法

マシン可読フォームのタイプ

正しいタイプのフォームの選択

マシン可読フォームの一般要件

15.03.2021 9:22:31


Please leave your feedback about this article