ABBYY FlexiCapture for Invoices のトレーニング

データキャプチャの品質は、トレーニングにより改善されます。 ABBYY FlexiCapture for Invoices 。ユーザーは、インボイスの処理前、または処理中にトレーニングできます。

トレーニングは、以下のような画像に以下の場合のみ行われます:

  • 文書定義が画像のフィールドを正しく検出できない場合
  • ユーザーが ABBYY FlexiCapture for Invoices 文書定義に含まれているもの。

トレーニングは、

動作の仕組み

ABBYY FlexiCapture for Invoices は、文書の処理中でもトレーニングできます。ユーザーが作業バッチに追加したインボイス画像は自動的に認識され、検証へ送られます。ユーザーは文書を検証し、必要であればフィールドの場所を修正します。 これで、該当する文書バリアントのサンプル画像セットに文書が追加されます。文書バリアントはそれぞれ、発行元のベンダーに基づいて判断されます。プログラムに十分な数のドキュメントバリアント用の文書画像が蓄積されると、トレーニングが自動的に始まります。以後プログラムは、この文書ベンダーに属している文書を処理する際にトレーニングプロセスで獲得した知識を使います。「処理中のトレーニング」は、管理者か必要な権限を持つオペレータのみ実行できます。

オペレータが文書キャプチャ中のトレーニングで望ましい結果を得られない場合、管理者は特別な表示に切り替え、 フィールド抽出トレーニングバッチを開く 特別なこの文書バリアントのトレーニングを続行することができます。管理者が実行できる操作は以下のとおりです:

  • 文書バリアントのトレーニングに使用するサンプル画像セットの管理(新しい画像の追加や文書バリアントを代表していないと思われる画像の削除など)
  • トレーニングバッチの作成
  • トレーニング自体には使用されないものの、トレーニングで獲得される FlexiLayout バリアントのテスト時に使用されるサンプル画像の追加
  • 結果として得られる FlexiLayout バリアントの ABBYY FlexiLayout Studio へのエクスポート、または ABBYY FlexiLayout Studio からの FlexiLayout のインポート

管理者は、このような追加機能によってトレーニングのメリットを最大化できます。望ましい結果が達成されたら、管理者は該当する文書バリアントについて「処理中のトレーニング」を禁止することができます。

以下も参照してください:

セットアップ中のトレーニング

文書バリアント表示でのトレーニング

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article