グループ検証

グループ検証は、同一の値を含むと認識した文字画像をグループ化して、検証画面に表示します。これによりオペレータは、グループから外れた文字の識別と補正が簡単にできます。

誤って認識した文字の補正方法:矢印キーまたはマウスでグループ文字と一致しない文字を強調し、正しい値を入力します。この値は緑色で強調されて、文字画像の左上に表示されます。

文字の意味がまだ疑わしい場合、その文字を左クリックするか、文字を選択してスペースボタンを押してください。それが赤いはてなマークで強調されます。これはフィールド検証に影響されます

グループ検証の段階で、オペレータは、F2を押すと選択した文字のコンテキストを見ることができます。マウスを動かすとコンテキストは非表示になります。

さらに検証中の文字にカーソルを合わせると、フィールド(文字を含む)表示モードをオンにできます。最後に、ページ下部の文字リンクのページ画像をクリックするか、Ctrl+Alt+Iショートカットを使用します。これで画像ズームリストから、画像スケールをリストに追加してください。フィールドが表示されたら、リンクをクリックするかショートカットで非表示にします。

カラーと白黒モードの切り替えはCtrl+Alt+Cキーを押して切り替えるか、設定右側にあるボタン右側の矢印をクリックし、カラーページ画像の表示オプションをオプションを有効にします。

既定の設定で、チェックマークのグループは単一値選択モードで検証されます。選択した編集モードを使用する場合は、設定チェックマークグループのオプションの保存選択モードオプションを有効にします。

一度で全ての未処理文字を確認する場合は、すべてのボタンを確定するか、Enter。未処理文字の意味にまだ確信が持てない場合は、すべてのボタンを延期するか、Ctrl+Enterショートカットを使用して、後で検証します。ここで出てきたボタンはページの右下にあります。それらのボタンの内いずれかを押すと、次の画面が表示されます。

処理した画面を使用するページ右下のボタン、またはCtrl+Ctrl+ショートカットを使用してください。スクリーンの最初と最後の文字列を検索する場合は、Ctrl+HomeCtrl+Endショートカットを使用してください。

1/14/2021 2:17:22 PM


Please leave your feedback about this article