オペレータのロールをカスタム

標準のオペレータのロール(システム内で利用可能、すなわちデータ検証オペレータ,検証オペレータ,上級検証オペレータ)のほかに、独自のカスタムのロールを作成して、処理ステージでデータとキューへのオペレータのアクセスを制御できます。

注:Configuring access to operations on data and access to operations on tasks is not supported for the Web Verification Station and Web Capture Station custom roles. Only the standard operator role configuration is available (データ検証オペレータ, 検証オペレータ, 上級検証オペレータ).

たとえば、多数のユーザーがプロジェクトに関与している場合、カスタムのロールを作成して、異なるグループのユーザーが異なる検証ステージにアクセスし、同じバッチタイプに対して異なるフィールドセットが検証されるようにすることができます。また、カスタムロールを使用して、オペレータが実行できる操作と実行できない操作を制御することもできます。たとえば、あるロールが文書を削除することを禁止したり、あるロールがある処理ステージから別の処理段階に文書を送信することを禁止したり、反対に、1つの特定のステージのみに文書を送信することを許可したりできます

注:ロール以外の方法を使用して、オペレータがタスクを特定のステージに送信することを禁止することができます。詳しくは、この例を参照してください。

以下で、新しいロールを作成して設定することができます:ユーザーロールタブでプロジェクトプロパティダイアログボックスにあります (プロジェクト→プロジェクトプロパティ...)。そのタブで作成されたロールは、管理およびモニタリングコンソールでオペレータに割り当てられます。

注:ロールにアクセスできるステージのプロパティを編集するときに、新しいロールを作成することができます。これは、ロールタブでワークフローステージプロパティダイアログボックスにあります (プロジェクト→プロジェクトプロパティ...またはプロジェクト→バッチタイプ...変更するバッチタイプを選択し、ワークフロータブをクリックして、詳細設定またはWeb キャプチャステーション向け詳細設定処理スキーマを使用する場合は、対話型ステージを作成するか、既存のものを選択してクリックします編集...)。ただし、ユーザーロールタブに移動しなければ、許可を作成したロールに与えられません。

ロールの作成(新規...)と削除(削除)とは別に、既存のロールから新しいロールを作成することや(複製...)、または既存のロールを変更することができます(編集...)。そのためには、編集...をクリックするとロールプロパティダイアログボックスが開きます。

注:標準オペレータのロール(つまり、データ検証オペレータ,検証オペレータ,上級検証オペレータ)は変更できません。

次の許可ロールは、ロールプロパティダイアログボックスで指定できます。

  • ロールがタスクを受信するステージのリスト。ステージのリストを指定するには:
    1. まずタスク取得用ステージ...をクリックします。
    2. ロールにアクセスできるようにするステージの横にある適切な項目を選択します。特定のバッチタイプのすべてのステージにアクセスできるようにするには、そのバッチタイプの横にある項目を選択します。すべてのステージを選択またはクリアするには、すべてのステージを選択/選択解除をクリックします。
    3. 変更を保存するためOKをクリックし、ロールプロパティダイアログボックスに戻ります。
  • データに関する操作へのアクセス。
項目 アクセス許可
プロジェクトバッチのリストを読み取る
  1. バッチ一覧の表示。
バッチを作成/削除
  1. バッチの作成と削除
  2. バッチ添付ファイルの操作
  3. バッチ登録パラメータの操作
  4. バッチタイプを変更
バッチの内容を変更
  1. 文書添付ファイルの操作
  2. 文書登録パラメータの操作
  3. ページ/文書の追加/削除/移動
  4. 画像の変更
  5. 画像をディスクに保存。
文書を組み立てる
  1. 添付ファイルの保存/ダウンロード
  2. 登録パラメータの表示
  3. ページ/文書の移動
  4. 画像の変更
  5. 画像をディスクに保存。

注:文書ロールを組み立てるは、バッチコンテンツを変更ロールと一緒に自動的に有効になります。個別で有効にすることも可能です。

文書レイアウトを変更
  1. セクション/文書の定義を変更し、ページを添付ファイルとしてマークする
  2. フィールド領域の変更
文書内容を変更
  1. フィールドの内容を変更
  2. フィールドインスタンスの追加と削除
  3. フィールドの確認
  4. 文書登録パラメータの操作
  5. 検証の開始(F7)
  • タスクに関する操作へのアクセス
項目 アクセス許可
タスクまたはサブタスクを作成 処理ステージへのバッチまたは文書の送信
タスクを延期 タスクの延期
キュー内にあるタスクのリストを読み取る

ロールにアクセス可能な処理ステージでタスクキューを表示し、そこからタスクを取得する

注:この許可がロールに付与されている場合、ユーザーは他の許可の有無に関係なく、データ検証ステーションを使用してタスクを処理できます

タスクを利用可能なステージに送信

特定のバッチタイプのロールにアクセス可能な処理ステージにタスク/サブタスクを送信する

注:項目がクリアされている場合、オペレータは例外キューと再スキャンキュー(設定によって許可されている場合)およびルーティングスキーマで許可された相互ステージにのみタスクを送信できます。

処理の優先度を変更 タスク/文書/バッチの優先順位の変更

ロールは、一連の処理ステージ(オペレータが受信するタスク)を制限します。このため、特定の処理ステージへのアクセス許可を付与するには、ロールタブをワークフローステージプロパティダイアログボックスで次のようにします:

  1. もし既定タイプのバッチなら以下をクリックします:プロジェクト→プロジェクトプロパティ...他のバッチタイプなら
    • 以下をクリックします:プロジェクト→バッチタイプ...
    • アクセス可能またはアクセス不能にしたいバッチタイプを選択してください
    • 以下をクリックします:編集...
  2. そしてワークフロータブへ進みます。
  3. スキーマを使用詳細設定またはWeb キャプチャステーション向け詳細設定処理する場合は、相互ステージを作成するか、既存のステージを選択してをクリックします編集...
  4. 表示されたワークフローステージプロパティダイアログボックスで、ロールタブをクリックします。
  5. 指定された処理ステージにアクセスするロールの適切な項目を選択します。
  6. 新しいロールを追加する必要がある場合は、新規ロール...をクリックし、新しいロールの名前を入力して、OKをクリックします。

注:このように作成されたロールに他のアクセス許可を与えるには、引き続きユーザーロールタブに進む必要があります。

例:

処理ステージへの文書の送信を禁止する

1 つの処理ステージから別のステージへの文書の送信を禁止する

ある処理ステージから指定されたステージ以外のステージに文書を送信することを禁止します

1/14/2021 2:17:22 PM


Please leave your feedback about this article