アンカーテキスト

アンカーテキスト - 静的要素 。画像ヘッダー、説明的署名上の静的テキストです。

アンカーテキストをハイライトするには:

  1. 静的要素モードに切り替え、
  2. 次を選択: ツールバーにて
  3. アンカーテキストの隅にカーソルを置き、左クリックして反対側のコーナーにカーソルを斜めにドラッグするか、
    または
    シフトクリック をアンカー領域で使用します。

アンカーテキストプロパティ

アンカーテキストを修正する方法:

  1. テキストの強調表示
  2. アンカーテキストの領域内で右クリックし、 プロパティ... をショートカットメニューから選択します。
  3. 開いたダイアログボックスのプロパティを修正:
    全般 タブ:
    • 文書定義のマッチングに使用 この 文書定義マッチングのアンカーテキストを使用するには、プログラムでこのオプションを有効にしておかなければなりません。
    • 文書定義の識別に使用 文書定義識別のアンカーテキストを使用するには、このオプションを有効にします。
    • もしアンカーテキストを識別子として使用しているのであれば、 その値を指定することが出来ます 。自動で値を挿入するには、ボタンをクリックしてください。 ヒント ボタンをクリックして行ってください。
    • エラーの最大数 -こちらでアンカーテキストにおける、 最大許容エラー数を指定することが出来ます。

認識 最高精度で認識させる為には、静的テキストの認識オプションを設定する必要があります:

  • ICR(手書き) もし静的テキストがハンドプリントされていない場合は、こちらのオプションを有効にしてください。
  • OCR(印刷) もし静的テキストがプリントされている場合は、こちらのオプションを有効にしてください。ドロップダウンリスト(印刷、ドットマトリクスプリンタ、タイプライターなど)から印刷スタイルを選択します。以下も参照: 対応しているテキスト形式
  • 詳細設定 このオプションを使用して、複数のテキストタイプを選択するか、カスタムのテキストタイプを指定します。
  • データタイプ テキストの言語を選択します。以下、 選択... ボタンを押して選択してください。
  • 大文字 静的テキストの文字を選択してください;もし小文字と大文字どちらもある場合は、値を 自動 そのままにしておいてください。
  • 向き テキストの向きを指定します。
  • そして次を有効化します→ 1 行 1行のフィールドのオプション。
  • もしテキストが空白を含んでいない場合、例えば単語である場合、 1 単語 オプションを有効にします。
  • 認識中の画像処理オプションを設定してください:
    • 反転 画像を反転させます。
    • テクスチャを削除 テクスチャを削除
    • 斑点削除 このオプションを有効にすると、画像からゴミを除去します。
    • 指定したサイズのゴミのみを削除 指定した大きさのゴミだけ除去する場合は、このオプションを有効にしてください。ゴミの大きさを指定します。このオプションが無効で、 斑点削除 オプションが有効になっていると、ゴミのサイズが自動で選択されます。

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article