既存のフィールドへのリンク

既存フィールドへのリンクを使うと、そのフィールドの値と領域を、文章セット内の任意の文書のフォームに表示できます。ほとんどの場合、既存フィールドへのリンクはまとめセクションで使用して、主要フィールドの値を複製します。フィールドの値に加えて、領域もまとめセクションに複製できます。オリジナルのインデックスフィールドの領域をまとめセクションに表示する場合は、インデックスフィールド部分オプション(オリジナルフィールドのプロパティのダイアログボックス内)を選択してください。

テキスト、画像、バーコードフィールドへのリンクを作成できます。

既存フィールドへのリンクを作成する場合は、セクションを右クリックし、フィールドを作成既存のフィールドにリンクするをショートカットメニューで選択。次に表示されたダイアログボックスで、リンクしたいフィールドを選択します。

既存のフィールドへのリンクは、文書定義エディタ内で別フィールドとして表示されます。既存フィールドへのリンクに使用できるオプション:

  • そのフィールド値をエクスポート検証時に表示オプションを全般タブで。
  • リンク済みフィールドの表示先→プロパティタブをクリックします。フィールドを選択するには、そのフィールドへのリンクを作成してください。後で別のフィールドを指定することはできません。

表示された文書ペインで既存フィールドへのリンクは、元のフィールドと同じ値を持つ読み取り専用フィールドとして表示されます。元のフィールドにエラーがあると、リンクにエラーが表示されます。ソース文書の画像とデータ形式を開く方法:

  • リンクをダブルクリック
  • リンクを右クリックして元のフィールドに進むショートカットメニューでクリックします。

文書全体を該当フィールドのソースとして使用できます。この場合、文書のフィールドを持つグループがまとめセクションに作成されます。文書が繰り返し文書である場合(1回以上繰り返し可)、グループは自動的に繰り返し文書になります。当機能の使用目的は、文書セットのデータをより検証しやすくすることです。詳しくは以下を参照してください:文書セットの作成と設定

注:繰返しフィールドへのリンクの画像はエクスポートできません。エクスポートできるのは、元フィールドの画像のみです。

一般フィールドプロパティ

1/14/2021 2:17:22 PM


Please leave your feedback about this article