発注書のキャプチャ

ABBYY FlexiCapture for Invoices には 発注書と呼ばれる特別なタイプのプロジェクトが含まれます。プロジェクトを使えば、 追加で準備することなく、発注書のデータをキャプチャすることができます。このタイプのプロジェクトでは、発注書のデータをキャプチャするのに必要なフィールドやルール、国の設定、検証ルールなどあらかじめ定められた文書定義を利用することができます。

発注書とは、 商品を発注する時に使われる文書のことです。構成を見ると、発注書は多くの部分で請求書と似ています。そのため、発注書のプロジェクトと請求書のプロジェクトは、多くの箇所で同じ設定となっています。様々な会社のデータベースを使ったり、特定の会社の文書作成に使うトレーニングバッチを作ったり、その国の固有のキーワードや税率を使うために国の設定をしたりすることができます。

発注書の各フィールドをキャプチャするために、プログラムはFlexiLayoutsおよびニューラルネットワークに基づいた機械学習の両方を使います。2つの方法が知的に組み合わさることで、可能なかぎり最高の結果がもたらされます。プログラムが機械学習のアルゴリズムを使ってキャプチャすることができない項目に関しては、適切なFlexiLayoutを使うことでキャプチャされます。

発注書のキャプチャを始めるためには、新しいABBYY FlexiCaptureプロジェクトを作り、プロジェクトのタイプをを選ぶ際に発注書を選択してください。新しく作られたプロジェクトには発注書という名前の文書定期が含まれ、必要なフィールドやルールがすべて備わっています。

自動トレーニングを使うことで データのキャプチャの精度が改善されます。トレーニングバッチは会社が発注した商品のIDと紐付けされます。

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article