テキスト入力フィールドのデータタイプ

認識の品質、予備チェック、フィールドデータの変更に影響を与える恐れのある最も重要なテキストフィールドパラメータは、データタイプ設定です。

ABBYY FlexiCaptureは、フィールド内のテキストを認識するときにデータタイプを使用します。正しいデータタイプを指定すると認識の質が強化されて、認識されたシンボルの信頼率が向上します。このおかげで、データ検証オペレータの負担が軽くなります。

ABBYY FlexiCaptureのデータタイプ作成機能はとても柔軟です。既存リストからデータタイプを選択するか、正規表現のアルファベットまたは現在のタスクに適したユーザー辞書を使用してカスタムしたタイプを作成できます。

フィールドのプロパティダイアログボックスのデータタブでテキストフィールドのデータタイプを指定できます。この記事ではすべてのフィールドに共通の設定と、特定のフィールドタイプの設定について説明します。

テキストフィールドの基本設定

  • データタイプ(ドロップダウンリスト)
    ドロップダウンリストを使用して、フィールドのデータタイプ(例:フィールドで見たいデータタイプ)を指定できます。住所、時間、日付、お金の合計、名前、コード、テキスト、番号など。
  • デフォルト値
    文書定義が適用された後や、文書アセンブル後に空欄になる場合、テキストフィールドに自動的に割り当てられる値。
    フィールドの領域が削除されると、既定値がフィールドに割り当てられます。ユーザーがフィールドを空欄にすると(検証段階で実行可)、既定値はフィールドに割り当てられません。
    既定値は変更可能です。既定値が空欄だと、フィールドは値が指定されるまで空欄のままです。
    注:このオプションは、テキストフィールドと表のテキスト列で使用できます。
  • オートコレクトオプション
    このオプションは、プログラムがフィールドの値を自動で補正する方法を決定します。こういった補正に該当するのは、余分な文字やスペースの置換と削除、大文字から小文字または小文字から大文字への変更です。
    自動補正を使用してデータをフォーマットするので、データのエクスポート準備をするオペレータの作業負荷を軽減できます。ABBYY FlexiCaptureやカスタムスクリプトで使える、標準のAutoCorrectオプションを使用できます。これは、複雑な書式設定の操作を実行する場合に特に便利です。詳しくは以下を参照してください:入力された値の処理
  • 検証
    このオプショングループには、値の確認方法を決定する設定と、値の制限を決める設定が含まれます。値の制限とは、文字数の制限、数値を含むフィールドの最小値と最大値、許可される日付の範囲などです。
    このグループ内の空白にできませんオプションは、このフィールドが必須か決定します。

    許容値の外部ソース

  • 正規化を使用
    このオプションを使用して、次のタイプのテキストフィールドのお好きなフォーマットを指定できます:時間,日付,金額タイプ。このオプションは既定では無効です。認識されたデータはフォームに表示され、元の形式でエクスポートされます。

特定のタイプのテキストフィールドの設定

アドレス

金額

コード

日付

名前

テキスト

時間

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article