ルール

ABBYY FlexiCapture for Invoicesは、ルールを使ってインボイスを自動検証します。検証ではインボイスにステータスが割り当てられ、発行されたエラーと警告のリストが生成されて、オペレータがインボイスを手動で確認する必要があるか判断できるようになります。文書エディタでインボイスを確認しながら、オペレータはルールで検出したエラーリストを閲覧し、このリストを使用して欠陥のあるフィールドを移動して、レビューできます。

ABBYY FlexiCapture for Invoices には事前定義の検証ルールが既に含まれており、さまざまな国で一般的に使われるインボイスで利用できます(詳細は→ルール)。ユーザーは、既存のルールを変更または削除したり、新しいカスタムルールを作成したりできます。

一部の機能は以下のルールに特有のものです:ABBYY FlexiCapture for Invoices

作業手順ABBYY FlexiCapture詳しくは、ルールを参照してください。

このABBYY FlexiCapture for Invoicesのルールには、以下の特徴があります:

ルールは文書のステータスに影響することがあります

ルールは特定の国々に適用されることがある

ルールリストの使用

完全ルールリストの表示

プロジェクトのために設定されたルールをすべて表示:

  1. から文書の定義メニューで次を選択→文書定義プロパティ...
  2. 表示されたダイアログボックスで、ルールタブをクリックします。
  3. 表示されたルールを表示リストで、(文書定義とその子が所有する)を選択します。

特定の国(たとえばドイツ)からのインボイスに適用されるルールをすべて表示させるためには、フィルターを使用します。

フィルターの設定

リストでのルールの検索

新しいルールの作成

新しいルールを作成するには:

  1. から文書の定義メニューで次を選択→文書定義プロパティ...
  2. 表示されたダイアログボックスで、ルールタブをクリックします。
  3. 表示されたルールを表示リストで、(文書定義とその子が所有する)を選択します。
  4. ルールを保存するフィールドを選択します。これによって、一部のルールの操作(エラーメッセージの生成方法など)に影響が出ることがあります。どのフィールドを選択するか不明な場合は、一番上のノードを選択してください。例:インボイスレイアウト
  5. クリック新規ルール...
  6. 表示されるダイアログボックスで、標準ルールタイプを 1 つ選択するか、スクリプトを選択して自分のルールを書き込めるようにします。

注:各ルールタイプの詳細や作成手順などについてはこちら→ルール

以下の説明は、ABBYY FlexiCapture for Invoices。

  1. ルールタイプを選択したら、以下を指定します:
    1. 名前
      ルールの名前は、そのルールによって実行される検証のタイプを表すものでなくてはなりません。ルールで発行されたエラーは、オペレータに次の形式で表示します:
      ルール名:エラーメッセージ。
      ルールがインボイスのステータスに影響するようにしたい場合は、ルール名に(例外)または(拒否)というプレフィックスを付けます。ルールがエラーを検出した場合にインボイスに割り当てられるステータスに応じて選択します。
    2. 重大度
      重大度フラッグはオペレータがエラーと警告をレビューし、どのインボイスを手動で確認するか決定する際に役立ちます。
      重大度フラグに応じて、データのエクスポートも実行されます。たとえば、以下の操作が可能です:
          • ルールエラーはないもののルールによる警告がある文書を作業中のデータベースにエクスポートする
          • ルールエラーがある文書を例外フォルダにエクスポートする
          • エラーがある文書のエクスポートをすべて禁止する

ルールの重大度に基づくエクスポート設定の詳細についてはこちら→ルール

    1. 作成したルールを有効にするべきかどうか(ルールを有効化するオプション)
  1. このステップでは、ルールを適用する条件を指定する必要があります。通常この条件は、Invoice Layout\BU\Countryフィールドの値で定義します。
    このルールは既定で常に適用されます(ルールを適用=常に)。特定条件の場合のみルールが適用されるようにするには:
    1. からルールを適用リストで、条件で
    2. クリック編集...して条件を変更します。
    3. 値がルールをトリガーするフィールドを選択します(Invoice Layout\BU\Country)。
    4. 条件、そして該当する場合は許可値と禁止値を指定します。
      例 1。ドイツのインボイスに適用されなければならないルールがあるとします。
      そしてセットに所属します条件を選択し、追加をクリックして次の値を追加します:DE
      例 2。ドイツとフランスを除く全インボイスに適用されなければならないルールがあるとします。
      そしてセットに所属しませんと条件を選択し、追加をクリックしてDE,FR の値を追加します
  2. このステップではルールを設定する必要があります。詳細についてはこちら→ルール

ルールの無効化

以前設定したルールを無効にするには:

  1. リストでそのルールを見つけます(上記参照)。
  2. そのルールの横にある有効列のボックスをクリアします。または、そのルールをダブルクリックしてプロパティダイアログボックスを開き、有効なルールオプション全般タブをクリックします。

ルールがもう必要ない場合は削除することもできます。ルールを削除するには:

  1. リストでそのルールを見つけます(上記参照)。
  2. リストでルールの名前をクリックして選択し、削除

1/14/2021 2:17:22 PM


Please leave your feedback about this article