検証

検証は、データが認識されていること、ページが文書に正しく組み立てられていること、およびルールにエラーが返されていないことをチェックすることです。検証は、データ検証ステーション(認識精度を検証)と検証ステーション(あらゆる種類のチェックを実行)で行われます。タスクの検証が行われます。

タスクがステーションに到着すると、検証が開始されます。最初にグループの検証が行われ、続いてフィールドの検証が行われます。文書定義にグループまたはフィールド検証にフィールドが含まれていない場合、対応する検証ステージはスキップされます。

文書定義を作成するときは、文書のアセンブリルール(シーケンスとページの繰り返し数)を設定する必要があります。キーフィールドの値に基づいてアセンブリの検証を構成することもできます。この場合、キーフィールドの値は文書のすべてのページで同一でなければなりません。ページは、認識ステージで自動的に文書に組み立てられます。検証ステージでは、起こり得る文書アセンブリエラーを複数ページ分補正する必要があります。アセンブリエラーのある文書には、次の記号が付いています:。エラーの説明は、文書定義の名前の下に赤い文字で示されています。キーフィールドの値が一致しない場合は、関連するメッセージが表示され、値は赤で強調表示されます。アセンブリエラーは、ページアウトラインモードで最も簡単に補正することができ、そこでは、ページ画像およびそれらが属する異なる文書が良好に視認されます。

そしてグループ検証中、同一の認識文字のグループが検証のために提出されます。オペレーターの任務は、誤って認識された異なる文字を識別することです。次に、この文字を含むフィールドの画像を表示した後、値を補正します。文字を補正することができない場合は、疑わしいものとしてマークすることができます。

そしてフィールド検証中、既知の値の範囲のフィールドが検証のために提出されます。オペレータの作業は、フィールド全体のコンテキスト内で不確実に認識された文字をチェックすることです。フィールド検証には2つのモードがあります:フィールドビューモード(文字の切り抜き)と複数の同じタイプのフィールドビューモードです。

また、検証を実施するのは文書ウィンドウで文書またはページの名前をダブルクリックすると開きます。文書ウィンドウには個別のフィールドは表示されず、文書全体のみが表示されます。また、不確実に認識された文字、ルールエラーなどをすべて表示します。

条件を満たしていないルールフォーマットエラーが1つのフィールドに影響を与えているなら、黄色のフラグアイコン(警告)または赤いフラグアイコン(エラー)で示されます。いくつかのフィールドに影響を与えるルールによって生成された警告とエラーには、それぞれアイコンが付いています。オペレータは、エラーのあるフィールドをチェックし、可能であれば、フィールドの値を補正する必要があります。エラーのある文書は、後でハードコピー文書または他の利用可能な情報源と比較することによって検証することができます。この処理ステージでエラーのあるフィールドが非表示になっている場合、オペレータは、エラーのある非表示フィールドを含む文書に灰色のフラグアイコンを表示します

そのアイコンは、FlexiLayoutsのフィールドを適用できなかった場合のインスタンスを示すためにも使用されます。オペレータは、文書画像上のこのようなフィールドの領域を手動で指定することができます。

以下も参照してください:

認識されたデータの検証

1/14/2021 2:17:22 PM


Please leave your feedback about this article