環境変数

環境変数は、外部リソースへのパスなどのテキストを格納するために使用される文字列です。環境変数はプロジェクトのプロパティ(プロジェクト→プロジェクトプロパティ→環境変数)で指定され、文書定義とスクリプトで使用されます。

プロジェクトを別のアプリケーションサーバーまたは別のコンピュータで実行すると、外部リソースへのパスが変更されることがあります。

プロジェクトに複数の文書定義、複数のデータベースチェックルール、および複数のスクリプトが含まれている場合、これらのオブジェクトをすべて編集するにはかなりの時間がかかります。

プロジェクトで使用されるすべてのオブジェクトの編集を避けるには、環境変数で外部オブジェクトへのパスを指定し、ルールの作成、スクリプトのエクスポートまたは書き込みの設定にこれらの変数を使用できます。これで、別の環境でプロジェクトを実行する場合は、環境変数ダイアログボックスで接続パラメータを編集するだけで済みます。

環境変数のタイプ

ABBYY FlexiCaptureには、2種類の環境変数があります。

  • ストリングこれはテキスト変数です。
  • ADO 接続文字列これは、ODBC互換のデータベースに接続するために使用される文字列です。

環境変数の作成と編集

新しい環境変数を作成するには:

  1. プロジェクトのプロパティダイアログボックスで、環境変数タブをクリックし、新規...ボタンをクリックして行ってください。
  2. 表示された新しい環境変数ダイアログボックスで、タイプを選択し、環境変数の名前を入力します。後で環境変数のタイプを変更することはできません。
  3. 環境変数のタイプに応じて、フィールドに値を入力します:
    • タイプの環境変数の場合ストリング値(たとえば、フォルダまたは電子メールアドレスへのパス)を入力します。
    • タイプの環境変数の場合ADO 接続文字列データベースへのパス、アクセスパラメータ、および使用するドライバが必要とするその他の接続パラメータを指定します。
  4. 必要な情報を説明フィールドに入力します。

既存の環境変数を編集または削除するには、編集...または削除をクリックします。

環境変数の使用

  • 環境変数でストリングタイプは、次の目的で使用できます:
    • 入力画像のソースを指定します。
    • 文書をファイルや画像にエクスポートする方法を指定する設定を指定します。

環境変数を呼び出すには、次の構文を使用します:<Env:Name_of_environment_variable>または<$:Name_of_environment_variable>。

1/14/2021 2:17:22 PM


Please leave your feedback about this article