ABBYY FlexiCapture のオペレータ

オペレータ はABBYY FlexiCaptureのユーザーで、ドキュメント処理のロールと対応する 許可 が指定されています。オペレータのアクセス 許可 は、責任を持つエリアによって異なります。オペレータのアクセス 許可 はオペレータのロールによって異なります。

ABBYY FlexiCaptureで利用できるロールは次のとおり(各ロールは 現在のプロジェクトに設定されます ):

  • スキャンオペレータ - このロールを持つオペレータは、スキャンステーションで作業できます
  • データ検証オペレータ - このロールを持つオペレータは、データ検証ステーションと検証ステーションで作業できます
  • 検証オペレータ - このロールのオペレータは、検証ステーションで作業できます(データチェック、アセンブリエラー、ルール検証のみアクセス可)
  • 上級検証オペレータ - このロールのオペレータは、検証ステーションで作業できます(ステーションの全機能にアクセス可)
  • モニタリングオペレータ - このロールのオペレータは、管理およびモニタリングコンソールで作業できます(セットアップ以外の全機能にアクセス可)
  • プロジェクト設定エディター - このロールのオペレータは、プロジェクトセットアップステーションで作業できます
  • 管理者 - このロールのオペレータは、管理およびモニタリングコンソールで作業できます(全機能にアクセス可)また、管理者はシステム内の好きなステーションにアクセスできます。さらに現在のアプリケーションだけでなく、アプリケーションサーバーにアップロードされた全プロジェクトに対する適用を 許可 します。

注: 必要で応じて、管理者は通常のロールリストに表示されるユーザーのロールを設定可能です(詳細はこちら→ オペレータのロールをカスタム )。

ロールは、オペレータがアクセスできる一連のステーションを定義します。これにはオペレーターが文書処理中にタスクを取得する可能性のあるキューも該当します。

管理者とモニタリングオペレータのロールは、システム全体に適用されます。他のオペレータのロールは個々のプロジェクトにのみ適用されます。さらにスキャンオペレータ、データ検証オペレータ、上級検証オペレータのロールは、異なるアクセス 許可 を、異なるタイプのバッチに対して持っています。したがってユーザーは、次のロールを同時に実行できます:

  • プロジェクトA:プロジェクト設定オペレータ
  • プロジェクトB:
    • タイプ1バッチ:上級検証オペレータ
    • タイプ2バッチ:データ検証オペレータ

1/14/2021 2:17:22 PM


Please leave your feedback about this article