文書セットの作成と設定

文書セットを作成するには、新しい文書定義を作成する必要があります。この文書定義のセクションは、既存の文書定義と独自のセクションになります。既存の文書定義、すなわち既に作成され、デバッグされた文書定義は、文書セットの文書定義を作成するときに選択されますが、文書セットの文書定義をデバッグするときは、独自のセクションを追加できます。さらに、文書セットの文書定義を作成するときに、文書セットを単一の単位として検証できるようにするまとめセクションを追加することができます。

文書セットの文書定義を作成

  1. フィールドプロパティをプロジェクトメニューを開き、文書定義...(Ctrl + T)をクリック。
  2. 表示された文書定義ダイアログボックスで、新規...ボタンをクリックして行ってください。
  3. 表示された新しい文書定義の作成ダイアログボックスで文書セットオプションを選択し、下のリストから文書セットに含める文書の文書定義を選択します。これらの文書定義は、文書セット文書定義のセクションになります。
  4. 必要に応じて、サマリセクションを追加...オプションを有効にします(詳細は下記参照)。クリック次へ
  5. 表示されたダイアログボックスで、文書セットの名前を指定して説明を入力します(名前は必須であり、説明はオプションです)。クリック完了

新しい文書定義が文書定義エディタで開き、文書定義に追加したすべてのセクションが文書構造ペインに表示されます。既存の文書定義から作成されたセクションには、元の文書定義の索引フィールドのみが含まれます。また、文書定義を文書セットの文書定義にセクションとして追加することもできます。これを行うには、文書定義エディタで、次をクリック:文書定義 →文書にリンクを追加...。まとめセクションを追加するには、次をクリック:文書定義 →サマリセクションを追加...

重要!文書セットの文書定義を編集するときにインデックスフィールドを追加または削除すると、それらをリフレッシュする必要があります。そうしないと、正しく表示されません。これを行うには、要素を右クリックし、インデックスフィールドの更新ショートカットメニューでクリックします。

注:文書定義プロパティダイアログボックスのアセンブリタブで、文書定義のセクションの順序を変更できます。

注:セクションのプロパティダイアログボックスでオプションを有効または無効にすることによって、検証時に表示セクションをまとめセクションに表示するかどうかを選択できます。

まとめセクション

まとめセクションは、文書セット内のすべての原則フィールドを表示する文書定義セクションです。これにより、すべてのエラーと信頼性の低いデータを1か所で見ることができるため、オペレータは文書セット内の文書を簡単に確認できます。さらに、オペレータは、エラーを含む文書を開く必要があるだけです。

まとめセクション:

  • ページや画像は含まれません。
  • 文書定義の適用方法には影響しません。
  • 通常は、既存の項目へのリンクを文書セット内の文書から含んでいます。

文書定義に要約セクションを追加するには、文書定義エディタでそのセクションを開き、クリックします:文書定義 →サマリセクションを追加...。表示されたダイアログボックスで、まとめセクションの名前を指定し、説明を入力します(オプション)。新しいまとめセクションが文書構造ペインに表示されます。文書定義で有効になっているルールは、レギュラーセクションのフィールドであるかのように、まとめセクションのフィールドに影響します。

セットの繰り返し文書からの項目の表示

あなたのセットで特定の文書タイプの繰り返しが許可されている場合、それらから抽出される情報は、繰り返しグループまたはテーブルとして要約セクションに表示されることがあります。

たとえば、オペレータは、一部のID(借り手のID、妻、保証人のID)を含むローン申請に取り組みます。この一連の文書では、IDは繰り返しタイプの文書を示します。これらの文書を参照するフィールドのグループを作成すると、それも繰り返すものになり、テーブルの形式で提示することができます。この場合、文書を認識すると、すべてのデータが便利にデータ形式で表示され、各文書は表の1行として表示されます。これにより、オペレータは、すべての文書を1つずつ開くことなく、必要なすべての情報をすぐに見ることができ、検証に費やされる時間を大幅に短縮します。

元の文書の画像とデータ形式に移動するには、表のセルをダブルクリックするか、コンテキストメニューの元のフィールドに進むコマンドを選択します。

オペレータがこのタイプの文書をセットに追加すると、対応する行がテーブルに追加されます。文書を削除するか、別のセットに移動すると、その行が削除されます。

繰返し文書からの項目をテーブルとして表示

繰返しセットの文書からのフィールドの表示を表として構成するには、セット文書の1つを要約セクションで参照するグループを追加します。文書が繰り返しのもの(複数回繰り返される)である場合、そのグループは繰り返されるものになります。その後、ユーザーは、まとめセクションの表として表示する文書のフィールドをこのグループに追加する必要があります。

  1. まとめセクションを追加します(文書の定義 サマリセクションを追加...)
  2. 表示されたアセンブリタブのある文書セット設定では、関連する文書の繰り返しを設定します。
  3. まとめセクションで、文書を参照するフィールドグループを設定します。これを行うには、フィールドを作成  既存のフィールドにリンクするをまとめサマリーセクションのコンテキストメニューから選択し、文書を指定します。文書が複数回繰り返される場合、そのグループは繰り返されます。
  4. グループで、グループ作成時に選択した文書のフィールドへのリンクを作成し、(フィールドを作成  既存のフィールドにリンクするテーブルに表示するフィールドを指定します。単純なフィールドのみがグループに追加されます。繰り返しやサブグループのないテキストフィールドや画像が含まれます。
  5. フィールドをテーブルとして表示するように設定する場合は、文書構造内のフィールドの結果のグループを選択します。データフォームでは、グループは緑の矩形で強調表示されます。長方形を右クリックして、選択します:表として表示

セットから文書を追加または削除すると、関連する行もテーブルに追加または削除されます。

文書セットの自動組み立て

文書セットのアセンブリルールは、複数のセクションを持つ文書のアセンブリルールと同様に作成されます。

認識された文書は、(a)文書セットの1つ目の文書であり、順序チェックが有効である場合、または(b)この文書が1つの文書セットのメンバーである場合、文書セットに自動的に追加されます。後続の文書は、この文書セットに組立ルールに基づいて追加されます。

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article