データ値範囲の制約

表示された 検証の設定 ダイアログボックスでは、このフィールドに入力された日付の間隔を指定することができます。

  1. オプション 日付は次の間隔内でなければならない を有効にします。
  2. 固定された時間間隔を設定するには 固定済み を選択し、文書検証日に対する時間間隔を設定する場合には 検証日に関連 を選択します。
  3. 間隔の開始と終了を入力します。
  4. 検証エラーを警告として処理 指定した制約に違反して警告として扱われるようにするには、このオプションを選択します。

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article