設定されたプロジェクトの操作

文書には様々な処理段階があります。プロジェクトの作成と設定をするときは、オペレータがコントロールやエラーの補正を必要とする、段階と状況を指定してください。この段階では、タスクキューが作成されます。問題がある文書には特別な例外キューが使えます。

オペレータはシステムのユーザーで、処理を監視し、文書内やバッチ内のエラーを補正します。下の表はABBYY FlexiCaptureオペレータと、オペレータが使用できるステーションとキューをリストにしています。

オペレータ ステーション キュー 関数
モニタリングオペレータ 管理およびモニタリングコンソール - システムの動作を監視
スキャンオペレータ スキャンステーション - 文書のスキャンや文書画像のインポート、文書を処理へ送信
データ検証オペレータ

データ検証ステーション

検証ステーション(グループとフィールド検証のみ)

データ検証 認識不能な文字の確認と補正(グループとフィールド検証のみ)
検証オペレータ

データ検証ステーション

検証ステーション

データ検証

検証

文書アセンブリのチェック

バッチの整合性チェック

データ検証オペレータと同じ。さらに文書アセンブリとバッチアセンブリエラーのチェックと補正が可能
上級検証オペレータ

データ検証ステーション

検証ステーション

データ検証

検証

文書アセンブリのチェック

バッチの整合性チェック

エクスポートの確認

例外

データ検証オペレータと同じ。さらに文書のエクスポートの確認、例外の処理が可能

オペレータは対応するステーションを起動し、ステーションに与えられたアクセス許可に従い必要な操作を実行します。

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article