以下での文書ステータス:ABBYY FlexiCapture for Invoicesプロジェクト

プログラムにフィードされたインボイスは、自動認識後、検証ルールのセットを使ってチェックされます。ルールの適用後は、各インボイスにステータスが割り当てられます。

インボイスには、既に作成されているルールのセットに基づいて自動でステータスが割り当てられます(詳細→利用できるルール)。

ステータスが有効の文書は、検証なしでエクスポートされます。

その他のステータスのインボイスは、まずオペレータによってレビューされます。オペレータ。そのオペレータは各インボイスを精査し、ルールに基いてエラーや警告を修正します。インボイスのエラーや警告が補正されたときのステータス→有効。そのオペレータは、自動的に割り当てられたステータスに同意するか、手動でステータスを割り当てるか選択できます。後者の場合はコメントフィールドにその理由を入力します。

プログラムがインボイスの画像にある特定フィールドを一貫して検出できない場合、オペレータは、現在の画像上の正しいフィールド位置を指示することで、処理中のプログラムをトレーニングできます。

後から財務ソフトウェアでプロセス処理をするので、文書のステータスに応じてエクスポート場所を変更できます。ステータス変更時にオペレータが残したコメントは、財務ソフトウェアで確認できます。

インボイスステータスの無効化

インボイスステータスが無効にされると、以下の変更が行われます:

  • そのステータス理由フィールドがデータフォームに表示されなくなり、文書定義エディタで編集不可になります
  • その請求書ステータス列は空欄のままになります(認識後)。

このような変更は、文書のステータスに影響する事前定義ルールの操作には干渉しません。

重要!インボイスのステータスが無効になっている場合、ステータスに基づくエクスポートは機能しません(エクスポートプロフィール設定でフィールド条件オプションをクリアしてください)。ステータスをトリガーするルールはどれも機能しません。

インボイスステータスの計算を無効にする方法:

  1. 文書定義エディタのメインメニューで、次をクリック:文書定義 →文書定義プロパティ...
  2. インボイスプロパティのダイアログボックスで、文書定義設定タブをクリックします。
  3. 次に編集...ボタンを追加フィールドと機能グループでクリックしてください。
  4. 表示された文書定義機能ダイアログボックスで、請求書ステータスオプションをクリアします。

オペレーター割り当て済みステータス:オペレータのコメントとステータス変更で事前定義した理由

そのオペレータは、ルールが発行したエラーや警告を無視して手動でインボイスにステータスを割り当てることができます。実行すると、オペレータはコメントを残すか、事前定義された理由のリストから理由を選択してください。

  1. からプロジェクトメニューで次を選択→文書定義...
  2. 表示されるダイアログボックスで、次をクリック→編集...
  3. から文書の定義メニューで次を選択→文書定義プロパティ...
  4. 表示されたダイアログボックスで、文書定義設定タブをクリックします。
  5. そして編集...請求書の出力ステータスを処理中グループの隣にあるのでクリックしてください。そのステータス変更の理由ダイアログボックスが開きます。

事前定義の理由リストの編集:

リストで項目を選択することで、ステータスインボイスのステータスを変更する事前定義の理由リストを表示できます。

カスタム設定した理由を新たに追加するには、追加...。表示されたステータスの変更理由ダイアログボックスに新しい理由とコードを追加します。

テキストファイルから理由を読み込むには、ロード...ボタンをクリックして行ってください。

それぞれの理由で使用をオペレータに許可する場合:

オプションオペレータはカスタム理由を入力できますを選択し(オペレータに許可を出す場合)、ステータス変更用に特定の問題用の理由を指定できるようにします。

ステータスに基づくエクスポートの設定

通常、ABBYY FlexiCapture for Invoices用のエクスポート設定は、次のエクスポート設定と変わりません→ABBYY FlexiCapture(参照:データエクスポートの設定)。ステータスに依存するABBYY FlexiCapture for Invoicesのエクスポート設定の詳細な手順はこちら→データエクスポートの設定

インボイスのステータスに影響を与えるルール

ルールを表示する方法:

  1. から文書の定義メニューで次を選択→文書定義プロパティ...
  2. 表示されたダイアログボックスで、ルールタブをクリックします。

ルールは、インボイスのステータスを左右することがあります。

インボイスのステータスを左右するルールを作成するには、名前にプレフィックス(拒否)または(例外)を追加します。ルールが発行したエラーのうちプレフィックスがあるものにはその後、対応するステータスが欠陥のあるインボイスに割り当てられます。新しいルールの作成時や既存ルールの編集時に、ステータス変更のプレフィックスをルールに追加できます。

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article