ステージプロパティの編集

ワークフロー設定の 詳細設定 モード では、 新しいステージを作成するときに ステージプロパティを指定したり、 ベースや以前に作成済みのカスタムステージのプロパティを編集したりできます。

ステージプロパティの指定や編集は、 ワークフローステージプロパティ ダイアログボックスでできます。選択したステージのダイアログボックスを開くには、右側にある 編集... ボタンをクリックします。

プロパティはタブ内で分類されます。タブや編集できるプロパティセットの数は、選択したステージのベースタイプによります。

オプション 説明 ステージ
全般 タブ
名前 このフィールドには、ステージと異なる名前を指定できます プロパティはすべてのステージで利用できます
ツール

ドロップダウンリストから、所定のベースタイプの目的とするツールを選択します。ツールの ステージツール 設定は、 プロジェクト プロパティ ダイアログボックスのタブでできます。

注: このステージでは、 インタラクティブ どんなツールでも選択できます:

  • 文書アセンブリチェック
  • 検証
  • 検証
  • バッチ整合性チェック
  • エクスポート確認

ステージに割り当てられるベースタイプは、選択したツールによります。

プロパティは、以下のステージで利用できます:

  • インタラクティブ
  • 文書アセンブリチェック
  • データ検証
  • 検証
  • バッチ整合性チェック
  • エクスポート確認
タスクごとの文書

1つのタスクに含められる文書の最大数の設定

注: 指定した限度がそれより前のステージの限度より少ない場合、所定のステージの限度によってタスクが形成されます。次のステージで同じ数値を指定するか、 バッチ全体を処理する オプションを選択してください。

プロパティはすべてのステージで編集できますが、以下を除きます: バッチ整合性チェック処理済
バッチのすべての文書を待機 バッチ全体が処理されるか、バッチの文書が処理されるとすぐにそれぞれ次のステージへ送られるか、どちらかを指定します プロパティはすべてのステージで利用できますが、以下を除きます: バッチ整合性チェック処理済
使用中の文書定義セットを制限

どの文書がステージに認められるかを指定することができます。文書がステージに入るには、指定された文書定義に該当するかどうかチェックされます。この文書定義に認識された文書が、ステージに認められます。

注: 文書定義のセットが制限されて バッチのすべての文書を待機 オプションが選択された場合、そのステージでは指定されたセットの文書のみが処理されますが、次のステージに送られたタスクにはバッチのすべての文書が含まれます。

注: 認識に使用される文書定義のセットは、 スクリプトを使用して制限できます

プロパティはすべてのステージで利用できますが、以下を除きます: 例外処理済
ウェブステーションを有効にする 処理にウェブステーションを使用できるかどうかを指定します

プロパティは、以下のステージで利用できます:

  • 例外
  • データ検証
  • 検証
  • バッチ整合性チェック
  • エクスポート確認
前にリンク(オペレータはタスクを手動でこのステージに送信できません) ルーティングスキーマ内の先行ステージから所定のステージへ入ることを、許可または禁止します。このアイテムが選択された場合、このステージには、ルーティングスキーマ内の先行ステージからしか入ることができません。これは、ステージが前のステージの結果に依存しており、前のステージを省略したステージにタスクを送ることが認められない場合に必要となります。他の処理ステージからこのステージへ、 オペレータ が手動でタスクを送ることを許可するには、このアイテムをクリアします。 プロパティはすべてのステージで利用できますが、以下を除きます: 例外処理済

フィールドセット タブ

( データ検証 検証 ステージでのみ利用できます)

データをステージで処理中

ステージで利用できるフィールドのセットを制限できます ( 分散検証 の場合)。

入手できるフィールドのリストで、処理するフィールドを選んでください。このリストは、 全般 タブで指定した文書定義が含まれています。

" > " および " >> " ボタンは、目的のフィールドを選択したフィールドリストに追加するのに使用します。

  • " > " ボタンは、選択したアイテム (文書定義、ページ、フィールドのグループ、フィールド) をリストに追加します。
  • " >> " ボタンは、利用できるフィールドのすべての文書定義を、選択したフィールドリストに追加します。

" < " および " << " ボタンは、それぞれ選択したアイテムまたはすべてのアイテムを、選択したフィールドリストから削除します。

プロパティは、 データ検証検証 ステージのみで利用できます。
選択したフィールド外でページ画像を非表示 フィールドのうち、 フィールドセット に含まれていないものを隠すかどうか指定します。高いセキュリティ水準を、 分散検証 の間にしなければならない場合、このオプションを選択します。 このプロパティは、 データ検証 ステージでのみ利用できます。
ダブル検証 ステージで 二重検証 を有効にするかどうか指定します。このオプションが選択された場合、データ検証が異なる2名の オペレータ により実施されます。 このプロパティは、 データ検証 ステージでのみ利用できます

スクリプト タブ

( 自動 ステージにしかありません)

タイプ ドロップダウンリストから、 処理中のスクリプトを1つ選択します :文書処理スクリプトまたはバッチ処理スクリプト。 このプロパティは、 自動 ステージでのみ利用できます
スクリプトの編集... スクリプト エディタウィンドウを開きます このプロパティは、 自動 ステージでのみ利用できます

ルーティングを終了 タブ

( 例外 , リスキャニング および 処理済 ステージで失われています)

次のステージ

次のステージの定義方法を選択します:

  • ルーティングスキーマによる
  • カスタム (ステージはドロップダウンリストから選択します)
プロパティはすべてのステージで利用できますが、以下を除きます: 例外 , リスキャニング処理済
文書を他のステージに送信するための条件

目的の条件が満たされた場合、タスクが送られるステージのリストを含めます。

ステージを追加するには、 ステージ... ボタンをクリックします。この 次のステージ ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスでステージを選択し、このステージにタスクが送られる条件を指定することができます。右側のボタンを使用すると、ステージ設定を調整できます:

  • ルール... - 新しいルールを追加できる ルールの設定 ダイアログボックスを開きます。
  • 編集... - 選択したルールの設定を編集する ルールの設定 ダイアログボックスを開きます。
  • 削除 - 選択したアイテム (ルールまたはルールグループ) を削除します。
  • グループ... - ルールグループを追加できる ルールグループ ダイアログボックスを開きます。グループの名前を指定し、ルールグループが実施される条件を選択します: いずれかのルールを実行 または すべてのルールを実行 の場合です。
  • 上に移動 - 選択したルールまたはルールグループの位置を1つ上に動かします。
  • 下に移動 - 選択したルールまたはルールグループの位置を1つ下に動かします。

選択したステージを編集するには、 編集... ボタンをクリックします。選択したステージの設定を含む 次のステージ ダイアログボックスが開きます。

選択したステージを削除するには、 削除 をクリックします。

ステージの順序を変更するには、 上に移動 および 下に移動 ボタンを使用します。

プロパティはすべてのステージで利用できますが、以下を除きます: 例外 , リスキャニング処理済

条件入力タブ

( 例外 処理済 ステージで失われています)

文書のステージへの送信を許可

文書が常にステージへ認可されるのか、または特定の条件で認可されるのか、選択します。もし、 これらの条件の下で オプションが選択された場合、右側のボタンを使用してルールを設定します。

ルールを追加するには、 ルール... ボタンをクリックします。その ルールの設定 ダイアログボックスが開きます。

選択したルールを編集するには、 編集... をクリックします。選択したルールの設定を含む ルールの設定 ダイアログボックスが開きます。

選択したアイテム (ルールまたはルールグループ) を削除するには、 削除 をクリックします。

ルールグループを追加するには、 グループ... ボタンをクリックします。表示された ルールグループ ダイアログボックスでは、グループ名を指定し、ルールグループを実施する条件を選択できます:

  • いずれかのルールを実行
    または
  • すべてのルールを実行

グループ内のルールの順序を変更するには、 上に移動 および 下に移動 ボタンを使用します。

注: 条件が満たされていない場合、文書はワークフロースキーマで指定された次のステージに移動されます。

プロパティはすべてのステージで利用できますが、以下を除きます: 例外処理済

注: 選択された退出ルートや、チェック済みの入力条件に関する情報は、イベントログに書き込まれます。

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article