一般フィールドプロパティ

基本フィールドのプロパティの指定全般タブですることができます。

  • 名前
    フィールド名。フィールドに最も近い説明テキストに基づいてフィールドが作成されると、名前が自動で割り当てられます。この名前を変更するには、プロパティを編集します(参照→フィールド名を変更する方法を参照してください)。
  • キャプション
    データフォームにあるキャプションフィールド
  • フィールド値をエクスポート
    フィールドをエクスポートするか決定します。このオプションは既定で有効になっています。たとえば、フィールドの値が別のフィールドの値を計算するためだけに使用されて、独自にエクスポートする必要がない場合は無効にできます(ルール検証を参照してください)。このオプションは、すべてのフィールドで使用できます。
  • 読み取り専用
    フィールドが読み取り専用であることを示します。このオプションを有効にすると、オペレータはフィールドの値を変更できません。このプロパティは、値が自動で計算されるフィールドに役立ちます。例:他のフィールドの値を加算または結合することによって値が決定されるフィールドなど(ルール検証を参照してください)。このオプションは、次のタイプのフィールドです:テキスト,バーコード,チェックマーク、そしてチェックマークグループ
  • 検証時に表示
    フィールドがデータフォームで表示されるか示します。このオプションは既定で有効で、すべてのフィールドで使用できます。
  • インデックスフィールド
    このオプションを有効にすると、フィールドの値を使用して文書のソートや取得ができます。このオプションは、次のタイプのフィールドです:テキストバーコード
  • プレビューペインにフィールドを表示
    フィールドが所属するグループが閉じているときに、プレビューウィンドウにフィールドの値が表示されるかを示します。このオプションは、次のタイプのフィールドです:テキスト,バーコード,チェックマーク,サービスフィールドを作成します、そしてチェックマークグループ
  • テキストセグメント
    このオプションにより、任意のフィールドのリージョンのロック機能が自動的に有効になり、ロックされたリージョン内の別のリージョンを選択できるようになります。このオプションは、パラグラフ全体またはそのパラグラフ内の個々の単語の両方を抽出する必要がある場合に有用なことがあります。たとえば、ある企業の所在地をひとつのフィールドに、その所在地を含む企業名を別のフィールドに抽出することができます。セグメントのリージョンは、部分的または全面的にオーバーラップすることがあります。ロック済みのリージョンの移動はできませんが、ボーダーはダブルクリックで調整できます。画像内のリージョンを右クリックしてロック機能にアクセスすることもできます(ただし、ドキュメントを閉じてから再度開く場合は、テキストセグメントオプションが適用されるということに注意してください)。
    領域を持つことが可能オプションを選択すると、テキストセグメントオプションが使用可能になります。
  • 領域を持つことが可能
    有効な場合、フィールドまたはグループに領域があることを示します。グループの子エレメントはグループの領域に結合されず、ページのどこでも配置できます。
    このオプションは、以下を除くすべてのタイプのフィールドで使用できます:サービスフィールドを作成します
  • 複数の領域を許可する
    このオプションは、領域を持つことが可能オプション選択時に有効になります。このオプションを選択した場合、ひとつのフィールドに複数のリージョンを指定できます。そのリージョンのデータ項目がそのフィールドに、文書画像に表示される順序で記録されます。このオプションは、文書フィールドが2ページに分割される場合に有用な場合があります(例:あるフェーズがひとつのページで開始され、次のページで終了する場合)。
  • 一致させる必要あり
    このオプションを有効にすると、領域が見つからなかった場合、検証中にフィールドが強調表示されます。一致しないフィールドは、マッチングで次の不一致フィールドに移動モードでも選択可能です。
    このオプションが利用できるのは、領域を持つことが可能オプションが有効なときのみ可能です。
  • インデックスフィールド部分
    このオプションを有効にすると、フィールドの領域がインデックスされます。その結果、文書が文書セットのメンバーであれば、文書が閉じてもフィールドの領域が表示されます。このオプションは、フィールド領域とともに既存のフィールドへのリンクを表示するために使用されます。このオプションが利用できるのは、インデックスフィールドオプションが有効なときのみ可能です。
  • 繰り返し可
    このオプションを有効にすると、フィールドやフィールドグループがフォーム上で繰り返されることを示します。このオプションは、次のタイプのフィールドです:テキスト,バーコード,画像、そしてフィールドグループ
    注:このオプションが自動で有効になるのは、フィールドインスタンスの作成時です。複数のインスタンスを持つフィールドのプロパティでこのオプションを無効にすると、すべてのインスタンスがフォームから削除されます。
  • 表のレイアウトを持つ
    このオプションを使用すると、表と同じように、繰り返しフィールドグループを操作できます。
    有効化されたオプションは、各セルではなく領域と区切り記号で表全体を描画するので、文書画像のフィールドのマーク付けが早くなります。セル領域だけマークする場合は、このオプションを無効にします。
    このオプションを無効にすると、以下のライン項目を再分析このコマンドは使用できなくなることに注意してください。
    注:繰り返しのグループの領域が遠く離れていて、作成された表が検証処理を妨げる場合は、このオプションを無効にすることを推奨します。その表のレイアウトを持つオプションは、グループがデータフォームで表示する方法に影響を及ぼしません。グループの表示方法を変更するには、文書定義を作成するときにデータフォームエディタで選択して、画面に表示される緑色のフレームを右クリックし、表として表示をコンテキストメニューで選択します表の検証機能について詳しくは、明細項目の検証の例を参照してください。
    このオプションは、有効な領域を持つことが可能オプションを持つ繰り返しのグループのみ使用できます。
  • 全文認識を使用して迅速に記入する
    このオプションは、領域を持つことが可能オプションが選択された場合に使用可能になり、検証オペレーターがフィールドのリージョンを描くか調整する場合に、プログラムの挙動を変更するために使用されます。このオプションが選択されている場合、プログラムはオペレーターに対して、フルテキストのOCRによってこのフィールドに抽出された値を選択するよう案内します。そうしない場合、そのフィールドはあらためて認識されます。最初の方法の方が高速ですが、2番目の方法により、信頼性の高いデータキャプチャー結果が得られる可能性があります。フルテキストOCRの場合、プログラムは、文書定義プロパティダイアログボックスの認識タブで指定されたOCR設定を使用します。個別のフィールドの認識については、プログラムはフィールドプロパティダイアログボックスの認識タブで指定されたOCR設定を使用します。
    注:このオプションを選択してもある特定のフィールドのためのデータキャプチャーの品質に満足できない場合、そのフィールドを右クリックして、ショートカットメニューの認識をクリックしてください。これを選択した結果、プログラムは、フィールドプロパティダイアログボックスの認識タブのフィールドに指定されたOCR設定を使用して、対応する画像領域を再度認識します。
  • コメント
    フィールドのコメント。

注:各フィールドの名前の右側には、そのタイプを示すアイコンがあります。

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article