スキャンステージでの文書セットの確認

ABBYY FlexiCaptureのすべての処理ステージを経る前に、完全性を確認する必要があります。 顧客が必要なすべての書類を提出したかどうかを確認します。オフィスにスキャンステーションしかインストールされていないとします。その後、文書がスキャンされた直後に文書セットを確認することができます。このチェックを実装するには、全文書の画像をタイプに基づいてまとめる必要があります(これは手動または自動で実行できます)。文書を文書セットにまとめ、各文書のタイプと文書セットを指定します。バッチを希望する宛先に送信する前に、プログラムは特定のタイプの必要数の文書が含まれるかどうかを確認します。

文書セットで実行されるチェックの設定

プログラムがスキャン後に文書セットをチェックするようにするには、以下の手順を実行します。表示されたバッチタイププロパティダイアログボックスで、バッチに含める文書タイプと予想される文書数を指定します。次に、カウントを確認するオプションオプションを有効にします。詳細については、スキャンオペレータのヘルプ(文書タイプセクション)。

ヒント。文書タイプの一部がオプションでチェックに影響を与えない場合は、このタイプの文書の最小数を0に設定するか、フィールドを空のままにします。

文書のアセンブル

スキャン後、以下を使用して画像をバッチと文書に自動的に分けることができます。:バッチタイププロパティダイアログボックスで指定された設定(たとえば、バーコードを使用するか、各ドキュメントのページ数に基づいて)。マウスを使用して文書をドラッグするか、以下を使用して、誤ってアセンブルされた文書セットや文書を調整することができます:文書の作成文書の逆アセンブルコマンド。その文書の作成コマンドは、すぐ後に続く選択した文書にのみ適用できます。

文書タイプの割当

文書タイプはスキャンステーションに手動で作成するか、ABBYY FlexiCaptureからインポートすることができます。文書がABBYY FlexiCaptureで処理される場合には、関連文書タイプをABBYY FlexiCaptureからインポートすることが推奨されます。これにより、スキャンステーションの各文書タイプに一致する文書定義がABBYY FlexiCaptureにあることが確認されます。セクションと文書数もインポートされます。

注:文書タイプをインポートした後、それらを調整することができます(文書タイプの文書数の変更など)。

ヒント。文書の種類は、文書アセンブリの進行中にいつでも割り当てることができます。ただし、最初に別々の画像を文書にアセンブルし、次に文書タイプを割り当ててから、文書セットを作成することをお勧めします。

文書タイプの指定については、スキャンオペレータのヘルプを参照してください(バッチ、文書、ページの操作ドキュメントタイプを指定するには)。

文書セットを送信する前にチェックを実行する

もし、カウントを確認するオプションがバッチタイプに対して選択されている場合は、指定された宛先にバッチを送信する前に、指定したタイプの必要書類数が含まれているかどうかがチェックされます。バッチがチェックを通過すると、そのバッチは意図した宛先に送信されます。バッチがチェックに失敗すると、バッチはどこにも送られず、エラーメッセージが表示されます(たとえば、特定のタイプの文書が欠落しているということ)。バッチを再度送信する前に、エラーを修正する必要があります(たとえば、不足している文書をスキャンまたはロードするなど)。

14.01.2021 14:17:22


Please leave your feedback about this article