エクスポート設定

データのエクスポート設定を構成するには、文書定義 →エクスポート設定...を文書定義エディタで選択します。

複数のエクスポートプロファイルを文書定義内で指定することができます。これにより、処理結果を複数のファイル形式および複数の宛先にエクスポートできます。

基本エクスポートパラメータとエクスポートタイプ

構成済みのエクスポートプロファイルの一覧と各プロファイルに関する以下の情報が、エクスポート先タブに表示されます。

  • 名前エクスポートプロファイルの名前。
  • タイプエクスポートのタイプ。次のエクスポートタイプを使用できます:
    • カスタムエクスポート (スクリプトを使用)
    • データファイルへのエクスポート (デフォルトでは、各文書定義には、データをExcelテーブルにエクスポートするエクスポートプロファイルが含まれています)
    • 画像ファイルへエクスポートします
    • データベースへのエクスポート
    • SharePoint へエクスポート
  • 重要このオプションを選択すると、エクスポートプロファイルを実行する必要があります。それ以外の場合、エクスポートプロファイルはオプションとみなされます。
    仮に、重要エクスポートプロファイルでエクスポートエラーが発生すると、エラーはイベントログに記録され、対応するエクスポートタスクは失敗ステータスになります。もし、重要でないエクスポートプロファイルでエクスポートエラーが発生すると、エクスポートプロファイルの警告が記録され、対応するエクスポートタスクは成功ステータスになります。
    注:エクスポートは、いくつかの理由で失敗する可能性があります。たとえば、ファイルまたはデータベースにアクセスできない可能性があります。
  • 有効このオプションを選択すると、プログラムはこのプロファイルを使用してデータをエクスポートします。それ以外の場合、プロファイルは無効と見なされます。
  • 条件取得したデータをエクスポートするためにプログラムに適用する必要がある条件。

エクスポート条件

ABBYY FlexiCaptureを設定して、特定の条件が満たされた場合にデータをエクスポートできます。たとえば、ルールエラーのある文書、ルールエラーのない文書、または特定のフィールドが特定の値を持つ文書のみをエクスポートできます。以下で条件指定することができますこれらの条件が真であればエクスポート

ルールエラーの条件付きエクスポートを設定するには、以下から、次の3つのオプションのいずれかを選択します:文書条件ドロップダウンリスト:

  • 文書にエラーがありますルールエラーまたは書式エラーのない文書のみをエクスポートするには、このオプションを選択します。
  • 文書にエラーはありませんルールエラーまたはフォーマットエラーのある文書のみをエクスポートするには、このオプションを選択します。
  • エラーは無関係ですルールまたはフォーマットエラーに関係なく、すべての文書をエクスポートするには、このオプションを選択します。

特定のフィールドの値に条件付けされたエクスポートを設定するには、フィールド条件このオプションを有効にし、エクスポート条件ダイアログボックスで次のようにします:

  1. 希望するフィールドを選択します
  2. ドロップダウンリストから、エクスポートをトリガーする条件を選択します
  3. 可能なフィールド値を指定します (存在する場合)

次のフィールド値条件がエクスポートをトリガする可能性があります:

  • セットに所属しますフィールドの値が指定した値のいずれかと一致する場合、データがエクスポートされます。
  • セットに所属しませんフィールドの値が指定したいずれかの値と一致しない場合、データはエクスポートされます。
  • 空白であるフィールドが空の場合、データがエクスポートされます。
  • 空白でないフィールドが空でない場合、データはエクスポートされます。

可能な値のセットに値を追加するには、値を入力して以下をクリックします:追加。セットから値を削除するには、値を選択してクリック:削除。可能な値のセットに空の値を追加することもできます。空の値を追加するには、追加を、値を入力せずにクリックします。空の値は、可能な値のセットに<空白の値>として表示されます。値は1回だけ追加できます。

エクスポート条件には、テキストフィールド (継続領域があるフィールドを含む)、バーコード、および表の列のみが含まれます。エクスポート条件には、チェックマーク、チェックマークグループ、複数インスタンスのフィールド、画像、または表のセルは使用できません。

注:エクスポート条件に表の列が含まれている場合、列の少なくとも1つのセルが条件を満たす場合、データがエクスポートされます。

エクスポート条件を使用して、処理された文書を保存する場所を指定することができます。たとえば、特定のフィールドの値に応じて、異なるフォルダに文書を配置することができます (たとえば、従属フォルダ)。または、ルールエラーのある文書を特定のフォルダにエクスポートすることができます (たとえば、失敗)。

エクスポートの微調整

エクスポートするフィールドのセットは、フィールドのプロパティに基づいて (つまり、フィールド値のエクスポートオプションが選択されている場合)。エクスポートプロファイルを設定すると、そのように生成された一連のフィールドから任意のフィールドを削除できます。同じセットのフィールドは異なる宛先にエクスポートできます。次を選択:エクスポート設定そして、順番にクリックします:編集...→オプション...→フィールドマッピングの設定...。そのフィールドマッピングダイアログボックスが開き、目的の宛先を指定できます。

文書をエクスポートするときの情報の修正

グラフィカル形式 (PDFを含む) でファイルにデータをエクスポートする場合、機密情報を含むフィールドを編集することができます。

フィールドを編集するには:

  1. そして次を有効化します→画像上の機密データを編集プロファイルのエクスポート設定でオプション。
  2. 次に編集するフィールドを選択...ボタンをクリックして行ってください。
  3. ダイアログボックスが表示されたら、すべてのフィールドセクションで書き換えたいフィールドを選択し、セクションをクリックして編集済みフィールドセクションに移動します。そのボタンはすべてのフィールドを、編集済みフィールドセクションに移動します。

注:1つの文書が複数のサブ文書に含まれている文書セットを使用している場合、この文書のフィールドは編集するフィールドを選択ダイアログボックスに表示されます。サブ文書には、別の文書のものであるために表示されない項目が含まれていることを示すアイコンが表示されます。

自動エクスポート

ABBYY FlexiCaptureを設定すると、文書を自動的にエクスポートできます。文書定義のプロパティダイアログボックスで、エクスポート設定をクリックし、以下を選択します:自動エクスポートを有効化。現在、処理された文書は、オペレータがエクスポート初期化ボタンをクリックしなくても、自動的にエクスポートされます。

自動エクスポートは、文書定義で文書内のページ数を明示的に指定する場合にのみ可能です。これは、特定のページが複数回出現する場合や、区間数が区間 (0〜1を含む) で指定されている場合、自動エクスポートが機能しないことを意味します。検証のために提出された書類にも自動エクスポートは機能しません。

注:テストバッチの場合、デフォルトでは自動エクスポートを有効化オプションはオフになっています。

注:文書が自動的にエクスポートされると、バッチの整合性は検査されず、対応する警告がタスクログに追加されます。

結果をファイルシステムに保存

ABBYY FlexiCaptureを設定すると、キャプチャしたデータや文書画像をファイルシステムに保存できます。

データ保存場所への絶対パスを使用する場合は、ローカルパスまたはUNCネットワークパスのいずれかを指定できます。

データ保存場所への相対パスが使用されている場合、つまりサブフォルダのみが指定されている場合、データはApplication Server上のファイル格納場所にエクスポートされ、APIを使用して結果を取得する必要があります。

以下も参照してください:

データをファイルへエクスポート

画像をファイルへエクスポート

データベースへのエクスポート

SharePoint 文書ライブラリへの文書エクスポート

スクリプトで記述されたエクスポート

エクスポートファイルの命名オプション

1/16/2023 10:03:07 AM

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.