SLA 設定

サービス水準合意(SLA)は、2者間での文書処理に関する契約で、処理中もしくは処理済みの文書の時間制限について定めます。

ABBYY FlexiCapture 12 では、バッチが期限内に処理されるように SLA が使用されます。バッチ処理に制限時間を指定することができ、期限が迫ったバッチ内のタスクはキューに移動されます。キューに期限切れのタスクがある場合、タスクの優先順ではなく、期限に最も近いバッチから順に処理されます。

注:優先順位が最高のタスクはこのルールから除外され、期限切れのバッチよりも先に処理されます。

キューに期限の同じ複数のタスクがある場合、優先順位の高いタスクから先に処理されます。

SLA 設定

バッチ処理の時間制限は、プロジェクト設定ステーションで指定できます。指定された期間は、スキャニングステーションが使用されている場合はそこで文書がスキャンされたとき、またはバッチがサーバーで作成されたときに開始します。

バッチの期限を指定する方法は、以下の通りです:

  1. プロジェクトまたはバッチタイプのプロパティダイアログボックスを開き、ワークフロータブを選択します;
  2. そして、バッチに処理時間制限を有効にするオプションを有効にし、時間制限を設定...ボタンをクリックします。
  3. 表示されたダイアログボックスで、バッチが処理されなければならない時間を、バッチ処理時間制限N 分/時/日オプションを使用して指定します。

期限切れのバッチの警告は、以下のようにできます:

  • バッチ設定に基づいて自動的に設定します;
  • 手動で警告するN 分/時/日オプションを使用して設定します。

このような警告は、プロジェクト設定ステーションや検証ステーションのバッチ表示のステータス列に表示されます。バッチに警告が表示されたなら、そのバッチはすぐに処理キュー内で上に移動し始めます。

スクリプトを使用した SLA 設定の指定

スクリプトを使用して、バッチ処理の時間制限や期限についての警告が表示される期間を設定できます。スクリプトは、従業員の就労時間を考慮した時間制限など、さらに複雑な設定を指定するために使用することができます。

注:スクリプトを使用できるのは、カスタムバッチの SLA 設定のうち既定値以外を指定する場合に限ります。

スクリプトを使用してバッチの処理期限を指定する方法は、以下の通りです:

  1. プロジェクトまたはバッチタイプのプロパティダイアログボックスを開き、ワークフロータブを選択します。
  2. そして、バッチに処理時間制限を有効にするオプションを有効にし、時間制限を設定...ボタンをクリックします。
  3. そして、スクリプトを伴う処理時間制限を設定するオプションを有効にし、編集ボタンをクリックします。

16.01.2023 10:03:07

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.