カスタムフィールド

ABBYY FlexiCapture for Invoicesでは、事前に定義できないデータタイプのインボイスフィールドを抽出したり、フィールドの抽出方法を変更したりできます。

方法は複数あります:

方法 説明
追加FlexiLayoutを開発 追加FlexiLayoutでは、事前に定義できないデータタイプのフィールドを抽出したり、あらゆるベンダーのインボイスから標準フィールドを抽出する方法を変更したりできます。
特定のベンダー用にFlexiLayoutを開発 ベンダー固有のFlexiLayoutでは、事前に定義できないデータタイプのフィールドを抽出したり、特定のベンダーのインボイスから標準フィールドを抽出する方法を変更したりできます。
特定のベンダー用に文書定義のトレーニング 特定のベンダーからのインボイスについて文書定義を作成すると、そのベンダーのインボイスからフィールドを抽出するようプログラムをトレーニングできます。

以下のいずれかのソリューションを利用するか、組み合わせて利用するか選べます。たとえば、追加の文書定義に新しいフィールドを追加し、すべてのベンダーからのインボイスに適用した後、一部のベンダーからのインボイスにある新しいフィールドを認識するようプログラムをトレーニングしたり、他のベンダー用の FlexiLayout バリアントを作成したりできます。

複数の FlexiLayouts を適用させる方法の詳細はこちら→FlexiLayout のマッチング結果を結合させる方法

追加 FlexiLayout の作成

ABBYY FlexiLayout Studio で作成した FlexiLayout を、追加 FlexiLayout として次から使用できます→ABBYY FlexiCapture for Invoices

新しいタイプのフィールドを抽出するには、FlexiLayout で固有の名前を持つ新しいブロックを作成し、画像でそれを探すロジックを定義します。この FlexiLayout を文書定義に追加すると、新しいブロックとして同じ名前を持つ新しいフィールドが FlexiLayout に作成されます。

追加 FlexiLayout でのブロックの名前が文書定義での標準フィールドの名前と同じであれば、追加 FlexiLayout がブロックの抽出に使用されます。

FlexiLayout を文書定義に追加する方法:

  1. クリック文書定義...プロジェクトメニュー。
  2. 表示されたダイアログボックスで、次を選択→文書の定義次に編集...ボタンをクリックして行ってください。
  3. 文書定義メニューで文書定義プロパティ...をクリックします。
  4. 次にFlexiLayoutタブ(表示されたダイアログボックス内の)をクリックします。
  5. 次にロード...ボタンを追加 FlexiLayoutオプショングループ内のボタンで、表示されるダイアログボックスで FlexiLayout ファイルへのパスを指定します(FlexiLayout ファイルの拡張子は.afl)。

ABBYY FlexiLayout Studio には、インボイス用に追加 FlexiLayouts を開発できる機能が備わっています:

  • ベンダーのIDやインボイスの部署が分かったり、文書定義内のデータセットを参照したりできます。
  • メインのFlexiLayoutを適用する場合、検出されるフィールドに対するエレメントの相対位置を指定できます。
  • XMLファイルを使ってFlexiLayoutをパラメータ化できます。これでFlexiLayoutや文書定義を編集しなくても、キーワードやその他のFlexiLayoutパラメータの複雑なリストを保存、編集できるようになります。

ABBYY FlexiLayout Studio の特別機能に関する詳細はこちら→追加 FlexiLayout を作成するための ABBYY FlexiLayout Studio の特別機能

特定のベンダーに関するFlexiLayoutバリアントの開発

ABBYY FlexiCapture for Invoicesでは、特定のベンダーからのインボイスを処理する場合、個別のFlexiLayoutバリアントを使用できます。この追加 FlexiLayout バリアントは、トレーニングを使用して自動的に作成できます。バリアントに満足できない場合はABBYY FlexiLayout Studioで開き、フィールド検索アルゴリズムを手動で変更できます。

FlexiLayout バリアントの作成

特定のベンダーに関する文書定義のトレーニング

新しいフィールドの作成方法:

  1. 文書定義エディタで、次を選択します:編集 → フィールドの作成を選択(またはフィールドのリストで右クリック)します。フィールドのタイプを選択します。
  2. プロパティのダイアログボックスで、追加フィールドの名前を入力して次を選択→領域を持つことが可能オプションを有効にします。

注:様々なタイプのフィールドの詳細な設定方法についてはこちら→文書定義フィールド

指定した名前を持つ新しいフィールドが、データフォームとフィールドのリストに表示されます。

ここで、このフィールドからデータをキャプチャするよう、プログラムをトレーニングする必要があります。このフィールドを含むサンプル画像を少なくとも 3 つ、プログラムに提供してください。ベンダーごとにトレーニングしてください。詳しくは、インボイスキャプチャ中のトレーニングをご覧ください。

16.01.2023 10:03:07

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.