文書定義フィールド

フィールドはデータ抽出用です。

文書定義エディタでフィールドを操作するには、以下を行ってフィールド領域モードに切り替えます:ボタンをクリックして行ってください。

データ収集を目的とする画像上のすべての領域は、フィールドとしてマークする必要があります。これらのフィールドのデータは認識され、その値をエクスポートすることができます。

フィールドには名前があり、そのリストは文書構造ウィンドウに表示されます。通常、フィールドには画像上の領域がありますが、領域を持たないフィールドを作成することもできます(たとえば、中間結果を保存するなど)。

プログラムは、以下のフィールドタイプを認識します:

フィールド ツールバーのボタン
テキスト入力フィールド
チェックマーク
チェックマークグループ
バーコード
画像
領域のないフィールドの領域
認識されていない領域

フィールドを作成するには:

  1. フィールド領域モードを選択します。
  2. 必要なタイプのフィールドを作成するツールを選択します。
  3. フィールドの隅にカーソルを置き、左クリックして反対側のコーナーにカーソルを斜めにドラッグするか、
    または
    シフトクリックをフィールド領域で使用します。

フィールド領域は長方形で囲まれます。色はフィールドの種類によって異なります。

作成されたフィールドには、フィールド領域に最も近い説明テキストに対応するデフォルト名が割り当てられます。この名前は、フィールド文書構造ウィンドウのタブの項目リストに表示されます。

フィールドには既定のプロパティが割り当てられます。

フィールドは次のように作成することもできます:

  1. そしてフィールドを作成コマンドを編集メニューから、またはタブのフィールドリストにあるページのローカルメニューから選択してフィールドタブをクリックします。
  2. 表示されたフィールドプロパティダイアログボックスで、フィールドプロパティを指定してクリックします:OK
  3. 新しいフィールドがリストに追加されます。赤のアスタリスクは、領域のないフィールドとしてマークされます。
  4. フィールド領域を作成するには、ツールバーのボタンをクリックし、画像上に領域領域を描画します。ポップアップリストから適切なフィールド名を選択するよう求められます。

領域を認識から除外するには、画像上に認識されない領域を描画します。このために、フィールドのボタンをクリックして行ってください。

リージョン内のフィールドのマークアップ

ときに、別のリージョン内のフィールドをマークアップする必要が生じる場合があります。たとえば、あるリージョン全体(例:フルアドレス)をひとつのフィールドに抽出し、そのリージョンの一部分(例:州名と都市名)を別のフィールドに抽出する必要がある場合がそうです。

リージョン内部のフィールドをマークアップできるようにするには、まずリージョンをロックする必要があります。それには、リージョンを右クリックし、ショートカットメニューからロックを選択します。リージョンをいったんロックすると移動できなくなりますが、ボーダーの調整は可能です。ロックされていないリージョン内のフィールドをマークアップしたい場合も、結局はリージョン全体を選択することになります。

注:文書を閉じる際、ロック済みのフィールドがあればすべて解除されます。

デフォルトでリージョンがロックされた状態にするには、フィールドプロパティダイアログボックスの全般タブでテキストセグメントオプションを選択します。

複数のフィールド

ABBYY FlexiCaptureを選択すると、タイプごとにフィールドのグループを編集する場合に複数のフィールドをすばやく選択できるようになります。これを行うには、編集メニューを開き、クリック:タイプ別にフィールドを選択...または、次のように押します:Ctrl+Shift+F。表示されたダイアログボックスで、選択するフィールドのタイプを指定し、クリックします:OK。一度にすべてのフィールドを選択するには、すべて選択ボタンをクリックして行ってください。

フィールドプロパティ

各フィールドのプロパティが正しく設定されていることは非常に重要です。フィールドのプロパティは、認識の品質に影響を与え、その値をエクスポートしてオペレータに検証のために提出するかどうかを決定します。特定の特性は、データ認識にとって非常に重要です。たとえば、テキスト入力フィールドのマーキング方法:誤って構成されていると、スキャン中に消えないマーキングが文字から分離されず、認識結果が不十分になることがあります。

各タイプのフィールドには、独自のプロパティセットがあります。画像上に特定のタイプのフィールドを作成すると、既定のプロパティが割り当てられます。

フィールドのプロパティを変更する方法:

  1. 文書構造内のフィールド名または画像上のフィールド領域を強調表示し、右クリックしてプロパティ...をショートカットメニューから選択します。
  2. 開いたダイアログボックスでフィールドのプロパティを変更します。

以下も参照してください:

テキスト入力フィールド

チェックマーク

チェックマークグループ

バーコード

画像

フィールドグループ

サービスフィールド

インデックスフィールド

既存のフィールドへのリンク

領域のないフィールド

長方形ではない領域を持つフィールドの作成

複数のインスタンスを持つフィールド

複数の領域を持つフィールド

フィールド名を変更する方法

フィールドのコピー、移動、削除

特定領域を認識から除外

25.05.2023 7:55:11

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.