フィールド抽出の自動学習を構成すること

自動学習機能により、文書処理中のオペレータの判断でシステムが学習し、文書フィールドの検出を向上させることができます。

システムが文書上のフィールドを見つけられなかった場合、オペレータは介入してフィールドの正しい位置を示すことができます。認識され、訂正された文書が正常にエクスポートされると、システムはオペレータによって行われた訂正を学習入力として使用します。

自動学習の設定

自動学習を構成するには、次の手順を実行します:

  1. 文書定義を作成します。
  2. 文書定義のセクションプロパティで、選択しますフィールド抽出トレーニングを許可
  3. セクションに必要なフィールドを作成します。次を選択:領域を持つことが可能各フィールドのプロパティで。
  4. 文書定義を保存して公開します。
  5. バッチタイプのプロパティダイアログボックスで、クリックし、ワークフロー以下を有効にします:トレーニングステージ。

ある文書から別の文書に大きく変化する同じタイプの文書の自動学習を構成するには、特定のフィールドレイアウトごとにバリアントを作成し、バリアントを区別するようにClassifier をトレーニングします。バリアントの詳細については、以下を参照:同じタイプに属する文書の変数フィールドの場所

バリアントの設定に必要な追加手順

注:フィールド抽出トレーニングを、以下の場合、管理者が実行することもできます:オペレータが作業を開始する前にプロジェクトを訓練する必要がある場合。

管理者が文書定義を設定すると、システムはオペレータによる検証ステーションの修正から自動的に学習します。

自動学習の手順

16.01.2023 10:03:07

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.