文書バッチの作成

処理される文書はバッチに入れられます。文書をバッチにグループ化する原則は、ユーザーによって決定されます。たとえば、ユーザーはすべての文書を1つのバッチとして処理するか、または同じ日にインポートされた文書をまとめてグループ化するか、一度にスキャンします。

ホットフォルダから画像をインポートしたり、スキャンステーションで画像をスキャンすると、バッチが自動的に作成されます。新しいバッチを手動で作成するには、メインウィンドウでバッチリストを右クリックし、ショートカットメニューから新規バッチ...を選択します。

注:バッチの名前を変更するには、バッチリストで該当するバッチを左クリックし、F2キーを押します。 バッチの名前は90文字を超えないようにしてください。

バッチが作成されると、そのタイプが指定され、バッチが処理される順序が決まります。

以下も参照してください:

バッチ

1/16/2023 10:03:07 AM

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.