正しいタイプのフォームの選択

各タイプのフォームの設計および処理要件に加えて、フォームタイプを選択する際には、他の基準も考慮する必要があります。これには、印刷コストと方法、必要な部数、出来上がった画像サイズ、スキャンモード、必要とされる認識精度、フォーム処理速度、フォームの全体的外観、きれいに完了する方法などが含まれます。以下の表は、各フォームタイプの長所と短所をまとめたものです。

基準 ドロップアウトフォーム 白黒ラスターフォーム 白黒線形フォーム
短所 長所 短所 長所 短所 長所
設計の複雑さ どのグラフィックスエディタを使用しても簡単に設計できます。 テキストエディタは、このタイプのフォームを設計するための限られたツールを提供します。ラスタードットのサイズは重要です。 どのグラフィックスエディタを使用しても簡単に設計できます。
印刷中 大量の良質なフォームを社内で印刷することは困難です。 社内での印刷が簡単です。 社内での印刷が簡単です。
印刷コスト プロフェッショナルな印刷サービスを使用すると、白黒フォームに比べて印刷コストが高くなります。 プロフェッショナルな印刷サービスを使用すると、ドロップアウトフォームに比べて印刷コストが低くなります。 プロフェッショナルな印刷サービスを使用すると、ドロップアウトフォームに比べて印刷コストが低くなります。
画像サイズ 画像ファイルのサイズは小さくなります。 画像ファイルのサイズは大きくなります。 画像ファイルのサイズは大きくなります。
スキャンモード 特別なスキャンモード (カラーフィルタリング) のみが使用される可能性があります。 明るさとコントラストの設定が制限されています。 明るさとコントラストの設定が制限されています。
処理速度 より高い平均処理速度。 画像の斑点除去が必要なため、平均処理時間が長くなります。 文字が一緒に糊付けされたり、罫線の境界線が重なると、エラーが発生しやすくなります。
認識品質 認識超高品質。 認識高品質。 認識品質は、フォームがどのようにきれいに記入されているかによって大きく左右されます。 フォームが正しく記入されている場合、認識高品質です。
説明テキストの場所 説明テキストは、(フォームの背景と同じ色を使用して印刷されている限り) フィールド内を含むどこにでも配置可能です。 説明テキストやその他のフォーム要素は、フォーム上に注意深く配置する必要があります。 説明テキストやその他のフォーム要素は、フォーム上に注意深く配置する必要があります。
フォームの外観と読みやすさ 背景と説明テキストのコントラストを低く設定すると、フォームの読みやすさに悪影響を与える可能性があります。 美的感覚 目立たないデザイン。読みにくい。 目立たないデザイン。 読みやすい。
完了 フィールド境界が重なるテキストには敏感ではありません。 小文字は非常に慎重に書かれ、不要なデータとして削除されない程度に大きくなければなりません。 フィールド境界が重なるテキストには敏感ではありません。 テキストの重なるフィールド境界に非常に敏感です。

16.01.2023 10:03:07

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.