プロジェクトプロパティ

メインウィンドウでプロジェクト→プロジェクトプロパティ...を選択すると開く単独のダイアログボックスで、プロジェクトのプロパティの閲覧と変更できます。

  • その全般タブに、次のようなプロジェクトの一般的なプロパティが表示されます:プロジェクトの名前、プロジェクトファイルのパス、プロジェクトの説明、既定バッチの優先度画像表示品質。ルートフォルダを指定できます。次にエクスポートされます→表示されたエクスポートルートパスフィールドと構成ツールの設定
  • そのステージツールタブには、ステージツールのリストが含まれています。詳細設定これは次のスキーマで使用できます:ワークフロー設定。ステージツールは、1組のスクリプトとカスタマイズ可能なインターフェイスを備えたステージです。ベースステージのツールの編集や、カスタムツールの作成ができます。詳しくは、ステージツールを参照してください。
  • その画像処理タブに画像の事前処理オプションが表示されます。これらのオプションは、ファイルから手動で追加された画像に適用されます。必要に応じてこれらのオプションを変更できます。詳しくは、画像の前処理オプションを参照してください。
  • 認識タブで、文書の言語を指定することができます。デフォルトで、辞書の提供されている言語のみが表示されます。 使用できる言語をすべて表示するには、すべての言語を表示「ICR」の文字が横に表示されている言語は、手書きハンドプリント、ならびに機械印刷のテキストの認識に使用できます。文書の言語が事前にわからない場合は、認識段階で正しい言語が選択されるよう、候補言語をいくつか指定できます。
    重要!指定する言語が多すぎると、文書の処理が遅くなり、認識エラーが発生する可能性があります。
    このタブで、FlexiLayout分類子をプロジェクトに追加することができます。
  • 高度な認識設定…
    • 方向が自動で選択された時、もしページグループを180°、右回りに90°、左回りに90°回転する場合、ページがある場合、ページの向きを修正するからいくつかのオプションを選択できます。
    • 必要に応じて、テキストタイプセクションで空白のフォームの印刷方法(活版印刷、マトリックスプリンター、タイプライター)を指定し、サンプルパターンを追加する使用パターンオプションを選択します。
    • バーコードバーコード処理のパラメータ:
        • バーコード抽出を無効にする画像にバーコードが表示しない場合は、このオプションを選択します。これで文書認識がかなり早くなります。
    • 2D バーコードの抽出: データマトリックス、Aztec、QR コード画像に指定されたタイプのバーコードが含まれている場合、このオプションを選択します。このオプションが選択されていない場合、データマトリックス、Aztec、QR コードのバーコードは、画像上で見つけられません。
        • 郵便バーコードを抽出する画像に郵便バーコードが含まれている場合は、このオプションを選択します。 このオプションが選択されていない場合、郵便バーコードは画像には見つかりません。
          重要!抽出郵便バーコーは認識を遅らせます。
    • CJK 予備認識
      • セパレートふりがなモード。このオプションを選択すると、日本語のフォネティックチップ (ふりがな) の認識が改善されます。
    • 固有表現認識:固有表現抽出– NLP法を使用した情報の抽出。
      注:NLPモジュールと特殊なライセンスタイプが必要です。
  • 縦書きテキストの抽出 – 縦テキスト抽出パラメータ:
    • すべての言語で抽出 – サポートされている言語で書かれた垂直方向のテキストを検出します。
    • 抽出しない – 垂直方向のテキストの検出を防ぎます。
    • 中国語・日本語・韓国語の場合に抽出 – 中国語、日本語、韓国語で縦書きで書かれたテキストを検出します。
  • 高度... ボタンをクリックして、画像の線形および非線形歪みの補正を設定し、スキャナの自動送り方向などを指定します。
    注:直線の歪みを修正オプションを選択して、画像の拡大/縮小のパラメータを高さと幅で指定します。画像は、水平および垂直区切りと同様、既存のアンカー(黒い四角、クロス、コーナー)により拡大縮小されます。
  • タブ検証フィールド検証でフィールドをグループ化オプションを選択し、この段階でフィールドをグループ化します。フィールドは、フィールドの名前や次で指定されたグループに従ってグループ化されます:検証プロパティ
  • このエクスポート先タブで、まだ認識済みでない文書のエクスポートの設定の指定、表示、または修正ができます。認識済みの文書は、各文書定義に指定されているエクスポート設定を使用してエクスポートされます。
  • タブワークフローで、ワークフローを設定できます(既定のバッチタイプ用)。詳しくは、ワークフロー設定を参照してください。
  • タブイベントハンドラには、スクリプトで処理できるイベントのリストが含まれています。イベントハンドラを作成するには、リストからイベントを選択してスクリプトの編集...ボタンをクリックして行ってください。表示されたスクリプトエディタウィンドウで、スクリプトテキストを書き込みます。詳しくは、イベントハンドラを参照してください。
  • タブユーザーロールでは、カスタムステージツールに基づいてステージを処理できるユーザーロールを追加できます。タブユーザーロールでは、カスタムステージツールから作成されたものも含めた、いろいろなステージでドキュメント、バッチ、およびタスクにアクセスするためのユーザーのアクセス許可を定義するユーザーロールを追加および編集できます。
  • タブ.Net 参照では、スクリプトやグローバルモジュールで使用する外部アセンブリを追加できます。標準およびコンパイルされたユーザーアセンブリの両方を使用できます。アセンブリを追加するには、追加...をクリックします。表示されたダイアログボックスで、以下のタイプを選択してください:標準アセンブリ名または添付ファイル。選択したタイプにより、標準アセンブリ名を入力するか、またはアセンブリファイルを閲覧します。詳しくは、外部アセンブリを参照してください。
  • 環境変数タブでは、ルール、エクスポート設定、スクリプトで使用する環境変数を指定できます。詳しくは以下を参照してください:環境変数

16.01.2023 10:03:07

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.