構成されたプログラムを使用した演算子の概要

オペレータは、あらかじめ設定されたプログラムを使用します。文書処理には次のステージが含まれます:

  1. 画像の追加
    文書の処理は、スキャンするか、インポートプロファイルを使用して画像を自動的に読み込むことにより、画像を取得することから始まります(例えば、ホットフォルダ)。スキャンはスキャンステーションのオペレータによって実行され、自動読み込みは処理ステーションによって実行されます。
  2. 認識
    処理ステーションで自動的に認識が実行されます。プログラムは静的要素の位置に基づいて適切な文書定義を選択し、文書定義を適用し、文書定義で指定されたフィールドでデータを認識します。
  3. 検証
    データをチェックするプロセスの検証は、オペレータの作業の中で最も労働集約的な部分です。これは以下を含みます:
    • ドキュメントアセンブリの検証これは、文書ページが正しくアセンブルされているかどうかを確認すします。
    • グループ検証これは、同一の認識文字のグループに対する目視検査です。
    • フィールド検証これは、既知の範囲の値を持つフィールドのコンテキスト内の不確実に認識された文字のチェックです。
    • ルール検証ルールエラーをチェックします。
    • バッチ整合性チェック - 完全性スクリプトを開始し、エラーを修正します。

      文書は2つのステーションで検証できます。
      基本検証は、データ検証ステーションで実行されます。ここでは、オペレータがグループおよびフィールド検証モードのみを使用できます。
      より複雑な検証が検証ステーションで実行されます。データ検証とは別に、検証オペレータとシニア検証オペレータが文書のアセンブリをチェックし、ルールエラーを修正し、バッチの完全性チェックを実行できます。
  4. データのエクスポート
    データは、文書定義で提供されている設定に従って処理ステーションに自動的にエクスポートされます。バッチは、処理された直後またはシニア検証オペレータが確認した後にエクスポートされます(対応する設定は管理者が行います)。

以下も参照してください:

設定されたプロジェクトの操作

1/16/2023 10:03:07 AM

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.