ユーザーコマンドで

起動した時

イベントは、ユーザーコマンドを呼び出した時に生じます (対応する項目が、メインメニューまたはツールバーに追加される場合)。

ユーザーコマンド識別子は、CI_UserCommand+ <non-negative integer>の形で表示されます。

パラメータ/引数

名前 タイプ アクセス 説明
CommandId TCommandID 読み取り/書き込み ユーザーコマンドの識別子
Context IMainWindow 読み取り/書き込み アプリケーションのメインウィンドウ

注:ユーザーコマンドをメインメニューまたはツールバーに追加するには、AppendItem / InsertItemAppendButton /InsertButtonメソッドをそれぞれIMenuインターフェースやIToolbarインターフェースで使用しなければなりません。コマンド識別子CI_UserCommandまたはCI_UserCommand+ <non-negative integer>が使用されなければなりません。

以下のサンプルコードは、コマンド識別子CI_UserCommand + 1でユーザーコマンドにメニュー項目を追加する方法を説明しています。

ABBYY.FlexiCapture.ClientUI.TCommandID userCommand = ABBYY.FlexiCapture.ClientUI.TCommandID.CI_UserCommand;
ABBYY.FlexiCapture.ClientUI.TCommandID userCommand1 = (ABBYY.FlexiCapture.ClientUI.TCommandID) ((int)userCommand + 1);
IMenu menu = MainWindow.MainMenu[0].Submenu;
menu.AppendItem( userCommand1, "User command" );

ユーザーコマンドに追加されたツールバーボタンまたはメニュー項目は、ユーザーコマンドでイベントハンドラが追加されない限り、無効となります。

以下のサンプルコードは、ユーザーコマンドでイベントの処理について説明しています。

ABBYY.FlexiCapture.ClientUI.TCommandID commandID = ( ABBYY.FlexiCapture.ClientUI.TCommandID )( CommandId );
ABBYY.FlexiCapture.ClientUI.TCommandID userCommand = ABBYY.FlexiCapture.ClientUI.TCommandID.CI_UserCommand;
ABBYY.FlexiCapture.ClientUI.TCommandID userCommand1 = (ABBYY.FlexiCapture.ClientUI.TCommandID) ((int)userCommand + 1);
if( commandID == userCommand1 ) {
<...ここで必要なメソッドを呼び出します ...>

16.01.2023 10:03:07

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.