プログラムの実行

ABBYY FlexiCaptureの起動方法 

  • 管理者モードの場合:スタート → すべてのプログラム → ABBYY FlexiCapture 12の順にクリックしABBYY FlexiCapture 管理者ステーションを選択します。
  • オペレータモードの場合:スタート → すべてのプログラム → ABBYY FlexiCapture 12の順にクリックしABBYY FlexiCapture オペレータステーションを選択します。

重要!プログラムを実行する前に、以下の点を確認してください:

  • スキャナが PC に接続され、電源が入っていること。スキャナが接続されていない場合、スキャナユーザーガイドを参照してください。スキャナが正常に動作するため、PC よりもスキャナの電源を先に入れてください。
  • プロテクションキーが PC にインストールされていること。これがなければ、プログラムを実行できません。

サーバーと処理ステーションサービスが自動的に開始します。ステーションと処理サーバーは、実行または停止します。処理サーバーは処理サーバーモニターから開始します。処理ステーションはユーザーが開始するか、または処理サーバーが自動的に開始します (対応する設定が選択されている場合)。

処理サーバーとアプリケーションサーバーの動作を監視および制御するには、以下のアイテムをスタートメニューから選択します:

  • スタート→すべてのプログラム→ABBYY FlexiCapture 12サーバー→処理サーバーと進み、処理サーバーモニターを開始します。
  • スタート→すべてのプログラム→ABBYY FlexiCapture 12サーバー→管理およびモニタリングコンソールと進み、コンソールのメインページをブラウザで開いて、アプリケーションサーバーを制御します

ABBYY FlexiCapture ステーションを開始するには、対応するメニューをスタート → すべてのプログラム → ABBYY FlexiCapture 12 ステーションから選択します。

アプリケーションの起動を制御するレジストリキー

アプリケーションの起動方法を制御するため、以下のレジストリキーを(Shell\StartUp で)使用することができます:

既定では、これらのキーをレジストリで作成することはできません。必要に応じて、管理者はこれらのキーをユーザーのオペレーティングシステムのレジストリに追加することができます。

レジストリキーは、対応するコマンドライン起動パラメータにより、上書きすることができます。

コマンドライン起動パラメータ

以下のパラメータは、アプリケーションをコマンドラインにより起動するために使用することができます:

FlexiCapture.exe [/Station:(管理者、オペレータ)] [/Project:"プロジェクトへのパス"] [/Batch:"バッチの名前"] [/ProhibitChangePath]

  • [/Station:(管理者、オペレータ)] - オペレータモードや管理者モードでアプリケーションを実行するかどうかを定めます。モードが指定されていない場合、アプリケーションの起動時に、目的のモードを選択するようユーザーに促すダイアログボックスが開きます;
  • [/Project:"プロジェクトへのパス"] - アプリケーションの起動時に自動的に開くプロジェクトを設定します;
  • [/Batch:"バッチの名前"] - アプリケーションの起動時に自動的に開くバッチを設定します;
  • [/ProhibitChangePath] - オペレータモードで自動的に開くバッチやプロジェクトの変更を禁止します。

以下のパラメータは、コマンドラインからステーションを開始するために使用されます:

"FlexiCapture.exe へのパス" [/Station:(設定、検証、リモート検証、承認)] [/Project:"プロジェクトへのパス"] [/Batch:"バッチの名前"] [/ProhibitChangePath]

  • FlexiCapture.exe へのパス - 例、 ?c:\Program Files (x86)\ABBYY FlexiCapture Stations\FlexiCapture.exe?
  • [/Station:(設定、検証、リモート検証、承認)] - ステーションを指定します (それぞれ、プロジェクト設定ステーション、検証ステーション、リモート検証ステーション、データ検証ステーション)。モードが指定されていない場合、起動時に、モードを選択するようプログラムが促します;
  • [/Project:"プロジェクトへのパス"] - アプリケーションの起動時に自動的に開くプロジェクトを設定します;
    注:プロジェクトへのパスは、以下のレジストリブランチの対応するステーションで表示できます:
    [HKEY_CURRENT_USER\Software\ABBYY\FlexiCapture\12.0\Shell\MRU_List.
    キーリストには、ステーションで開かれたプロジェクトのリストが含まれています。このキーの値から、サーバー上のプロジェクトへのパスをコピーできます: https:<ApplicationServer>><guid>><project name>>>。コマンドラインパラメータでは、プロジェクト名を引用符で囲まなければならないことに注意してください。
  • [/Batch:"バッチの名前"] - アプリケーションの起動時に自動的に開くバッチを設定します。プロジェクト設定ステーションでは、特定のバッチを開かなければならないかもしれません。その他のステーションは操作を待機します;
  • [/ProhibitChangePath] - オペレータモードで自動的に開くバッチやプロジェクトの変更を禁止します。

例えば、 Invoices_Eng プロジェクトを検証ステーションのサーバーから開くには、以下のコマンドを使用できます:

"C:\Program Files (x86)\ABBYY FlexiCapture Stations\FlexiCapture.exe" /Station:Validator /Project:https://127.0.0.1/84506f53-8ca7-4095-9444-d6af76e0c192/Invoices_eng

20.02.2023 7:40:14

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.