スクリプトルール

動作

スクリプトに基づいたルールは、文書検証および標準化向けの複雑なカスタム式アルゴリズムの作成を可能にします。

スクリプトルールは文書定義プロパティのルールタブでタブで

パラメータ/引数

名前 タイプ アクセス 説明
Context IRuleContext ルール設定によると ルールの内容

一つ以上のルールを使用したい際の手順は、スクリプトエディタからアクセスできる、グローバルルールモジュールに記載される必要があります。をスクリプトエディタのツールバーのドロップダウンリストから選択します。ルールグローバルスクリプトモジュール。グローバルルールモジュールは文書定義エディタからもアクセスできます。(文書定義→スクリプトモジュール→ルールスクリプト...)。

スクリプトルールはキャッシュデータ記録へのアクセスするために使用されます。検証ルールを手動で作成したい場合に便利です。キャッシュデータ記録へアクセスするには、以下の手順を踏んでください:

  1. データセットをIRuleContext.DataSet method.を使用して接続する。
  2. クエリーをクエリーに応えるデータを取得するためにIDataSet.CreateQuery method.を使用して作成する。
  3. さらなる条件をIDataSetQuery.AddValue method.を使用して追加する
  4. 以下、クエリーに応えるデータを取得するためにIDataSet.GetRecordsメソッドを使用してください。もしいくつの記録がクエリーに応えるかを決定する場合は、クエリーに応えるデータを取得するためにIDataSet.GetRecordsCountメソッドを使用してください。
  5. 特定のインデックス番号を持った記録を得るためには、IRecordset.GetRecordメソッドを使用してください。

もし外部アセンブリのクラスやメソッドがスクリプトもしくはグローバルモジュールで使用されている場合、アセンブリファイルは.Net 参照文書定義プロパティのタブに付属している必要があります。

以下も参照してください:

スクリプトルール

16.01.2023 10:03:07

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.