エクスポートスクリプト

動作

このスクリプトを使用することでエクスポートをカスタマイズすることが出来ます。

スクリプトルールは文書定義プロパティのエクスポート先タブでドキュメント定義プロパティ

パラメータ/引数

名前 タイプ アクセス 説明
Document IDocument 読み取り専用 エクスポートされる文書
Processing IProcessingCallback 読み取り専用 処理情報を記録するためのオブジェクト

注:エクスポート結果情報はDocument.Actionフィールドに入力される必要があります。フィールド。

一つ以上のエクスポートスクリプトを使用したい際の手順は、スクリプトエディタからアクセスできる、グローバルエクスポートモジュールに記載される必要があります。をスクリプトエディタのツールバーのドロップダウンリストから選択します。グローバルスクリプトモジュールのエクスポート。グローバルエクスポートモジュールは、文書定義エディタからアクセス出来ます。(文書定義→スクリプトモジュール→エクスポートスクリプト...)。

もし外部アセンブリのクラスやメソッドがスクリプトもしくはグローバルモジュールで使用されている場合、アセンブリファイルはバッチタイプのタブに付属している必要があります。.Net 参照文書定義プロパティのタブに付属している必要があります。

以下も参照してください:

スクリプトで記述されたエクスポート

16.01.2023 10:03:07

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.