データセットの更新

あるのは2つのタイプのデータセットを、ABBYY FlexiCaptureから:

  • 最初のタイプには、データの構造に関する情報だけが含まれています。
  • 2 番目のタイプには、外部データベースからのデータが含まれています。これは、データセットのプロパティ内にあるキャッシュデータオプションを選択すると有効にできますデータセット

ここでデータセットを更新すると、外部データベースと同期します。これが役立つのは、外部データベースのデータを含んでいるデータセットを更新する場合のみです。更新すると、外部データベースから最新データを作成します(利用できる外部データベース→ABBYY FlexiCapture。

データセットは何度も更新されます:

  • 更新は、ユーザーが文書定義エディタで開始できます。
  • 更新が行われるのは、前回の更新から一定の時間が経過しており、バッチをスタンドアロンバージョンのABBYY FlexiCapture管理者ステーションやオペレータステーションで開いていたり、分散バージョンのABBYY FlexiCaptureプロジェクトセットアップステーションで開いている場合です。バッチを開いているユーザーが更新を起動できるようになるまでに必要な経過時間は変更できます。
  • 処理サーバーやフル機能のステーション(ローカルエリアネットワーク内でのみ使用できるプログラムの全機能にアクセスできる FlexiCapture ステーション)のユーザーによって更新が明示的に開始されたか、処理サーバーやプロジェクトセットアップステーションで設定されたスケジュールによって開始される場合です。

文書定義エディタでのデータセットの更新

  1. フィールドプロパティを文書の定義メニューを開き、クリック:文書定義プロパティ...
  2. 移動してデータセットタブ(表示されたダイアログボックス内の)をクリックします。
  3. そしてデータセットを選択し(更新したいもの)、更新ボタンをクリックして行ってください。

バッチが開かれた時にデータセットを更新

自動更新を有効にするには、データセットのプロパティを開き、更新間隔更新の間隔を指定します。

更新が開始されるのは、前回の更新から一定の時間が経過しており、FlexiCapture のスタンドアロンバージョンのステーションや、FlexiCapture の分散バージョンのプロジェクトセットアップステーションでバッチが開かれている場合です。

ステーションによっては外部データベースにアクセスできないため、データセットの更新が不可能な場合があります。データセットの更新を無効化するには、次を無効にしてください→バッチが開かれた時にデータセットを更新オプション文書処理オプションダイアログ。または以下のレジストリサブキーを編集して行います:

[HKEY_CURRENT_USER\Software\ABBYY\FlexiCapture\12.0\Controller]

"DisableCacheUpdate"="1".

データセット更新のスケジューリング

InABBYY FlexiCapture(分散版)の場合、データセットの更新は、処理サーバーやフル機能のすべてのステーション(リモートステーションとウェブステーションを除く)でコマンドラインから開始できます。これが可能なのは、処理サーバーまたはステーションがFlexiBr.exeやFlexiBrSvc.exeファイルにアクセスできる場合のみです。以下のコマンドを使用してデータセットを更新してくださいデータセット:

update dataset <プロジェクトパス> [<文書定義名>] [<データセット名>]、

  • <プロジェクトパス>はABBYY FlexiCaptureのアプリケーションサーバーにあるプロジェクトの URL を指します(例:https://<ApplicationServer>/ProjectId)。ここで、<ApplicationServer>は、アプリケーションサーバーがインストールされているコンピュータの名前です。この URL は、プロジェクトセットアップステーションにあるプロジェクトのプロパティダイアログからコピーできます。
  • <文書定義名>は、データセットが属している文書定義の名前です。
  • <データセット名>は更新が必要なデータセットの名前です。

このコマンドを使えるのは管理者とプロジェクト設定ステーションのユーザーのみです(コマンド元→ABBYY FlexiCapture。

処理サーバー上で実行して更新するコマンド例(更新対象→ベンダーのデータセット:

FlexiBRSvc.exe please update dataset "https://myAppServer/ProjectId/ProjectName" "Invoice" "Vendors"

このコマンドは、処理サーバーでデータセットを更新します。ただし、フル機能のステーションは再起動されるまでデータセットのローカルコピーを使い続けます。

Windows サービスである処理ステーションは、認識処理があるたびに、バックグラウンドでデータセットのローカルコピーを更新します。

またデータセットの設定にWindowsのスケジューラを使うと、スケジュール通りに更新できます。

データセット更新時のデータの結合

ABBYY FlexiCaptureで、オペレータは処理中にデータセットを編集できます。特にABBYY FlexiCaptureユーザーは、新しいベンダーや部署のデータを追加したり、既存データを修正したりできます。このような変更は、外部データベースには適用されません。

外部データベースは独立して編集できます。

データセットの更新内容は以下のとおりです:

既存のレコード
  • ユーザーによる変更はすべて保持されます
  • 外部データベースに行われる変更はすべて、データセット
の新しいレコードに引き継がれます
  • オペレータが作成した新しいレコードは削除されます
  • 外部データベースからの新しいレコードは、以下に引き継がれます:データセット
削除されたレコード
  • データセットのレコードで、削除とフラグされたものは復元されません
  • 外部データベースで削除されたレコードは、データセットから削除されます

データセットのデータを外部データベースのデータで置き換えます

オペレータがデータセットにまったく変更を行わなかった場合、データセットに含まれているデータはすべて、更新のたびに外部データベースからのデータで置き換えられます。オペレータがデータセットに変更を行った場合、管理者には外部データベースからのデータで上書きできる権限があるので、オペレータの変更をすべて削除できます。

これを実行するには、まずは次に再接続してください→データセット:

  1. フィールドプロパティをデータセットタブのある文書の定義プロパティダイアログボックス)を開いて、再接続したいデータセットを選択します。
  2. 次にセットアップ...ボタンをクリックして行ってください。
  3. 接続文字列を指定し、スキーマとテーブルを選択して、マッチする列を指定します。

詳しくは以下を参照してください:ベンダーや部署のデータベースの接続

スクリプトを使用したデータセットの更新

詳細は以下を参照してください:データセット更新スクリプト

16.01.2023 10:03:07

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.