オペレータ向け追加プログラム機能の有効化

管理者はインボイスを処理するオペレータに対して、追加機能を有効化できます。この追加機能を利用できるのは、管理者権限を持つユーザーということにご注意ください。

インボイス処理のプログラムのトレーニング

キャプチャしたデータの質が低い場合(例:インボイス上のフィールド位置が異常)、オペレータはプログラムをさらにトレーニングして、インボイスからデータをキャプチャできます。

プログラマをトレーニングして位置が異常なフィールドをキャプチャする場合、オペレータは画像上でフィールドの正しい位置を示して、ボタンをクリックして行ってください。通常の位置ではないフィールドがある画像をプログラムが少なくとも3 つ検出できれば、処理した位置データのキャプチャ方法を学習します。次から処理するインボイスのデータは、全てこのときの情報を使用してキャプチャします。詳しくは、トレーニングをご覧ください。

既定で、トレーニング機能を有効化して利用できるのはオペレータとなっています。トレーニング機能の無効化方法。対象→オペレータ:

  1. 文書定義エディタのメインウィンドウで、次を選択してください文書定義 →文書定義プロパティ...
  2. 表示されるダイアログボックスで、文書定義設定タブをクリックします。
  3. 次に編集...ボタン(追加フィールドと機能グループの横)をクリックして文書定義機能ダイアログボックスで選択します。
  4. オプション処理中のトレーニングをクリアしてください。

トレーニング機能(オペレータ用、無効中の場合)を有効にするには、次を選択してください→処理中のトレーニングオプションを有効にします。

ベンダーや部署のレコードの修正および追加

インボイスキャプチャのプロジェクトを設定する場合は、ベンダーや部署のデータベースを該当プロジェクトに対応する、プロジェクトのデータセットと接続してください。このデータセットはデータの構造を指定してプロジェクト内部のデータのコピーを保存し、定期的に外部データベースと同期します。詳しくは、ベンダーや部署のデータベースの接続

インボイス認識はまず、ベンダーや部署の検索から始まります。このフィールドグループが画像で見つかるのは、次の中にフィールドグループがある場合に限ります→データセット。こういったデータはインボイスの国選択で使うので、プログラムがベンダーや部署を見つけることは重要です。インボイスの国を選択することで、画像のAmountsフィールド検出に使用される税率や、検証ルールの選択が決定します。

一般にベンダーや部署はすべて、次に含まれています→対応するデータセット。ただし、データベースにない新しいベンダーからインボイスを取得する場合は、ベンダーフィールドのグループは検出されません。ビジネスプロセスによっては、新しいベンダーをベンダーデータベースに追加してデータセットと同期させると非常に時間がかかることがあります。プログラムはデータセット内のベンダーを見つけるまで、そのベンダーの請求書を処理することができません

別の例として、既存ベンダーの住所や口座番号が変更されることが挙げられます。ベンダーデータベースを更新し、これをデータセットと同期すると時間がかかります。さらにオペレータは、インボイスの処理に最新情報が必要です。

この問題を解決するには、管理者がオペレータを有効にして、データセットでレコードを追加するか変更できるようにしてください。変更はプロジェクトに保存されるデータセットに対して行われます。ベンダーや部署の外部データベースに対してではありません。

仮にオペレータが新しいベンダーをデータセットに追加すると、プログラムは以後そのベンダーから取得するインボイスで、フィールドのベンダーグループを検出できるようになります。まるで外部ベンダーのデータベースで、該当ベンダーのレコードが見つかったような働きです。ただし、検証ルールはそのベンダーが外部データベースに存在しないことを検出し、そのインボイスにExceptionステータスを割り当てます。

次回、データセットを外部データベースと同期する際は、オペレータに追加された全ベンダーが、データベースの適切なレコードに置換されるか、データセットから削除されます。詳しくは、データセットの更新参照してください

既定では、オペレータは新しいレコードを編集したり、次に追加したりできません→データセット。当機能を対象者に有効化する方法。対象者→オペレータ:

  1. 文書定義エディタのメインウィンドウで、次を選択してください文書定義 →文書定義プロパティ...
  2. 表示されるダイアログボックスで、データセットタブをクリックします。
  3. リストからデータセットを選択して、セットアップ...ボタンをクリックして行ってください。
  4. そして次を有効化します→オペレータはレコードを追加できますと(または)オペレータはレコードを編集できますオプションを有効にします。

万が一、オペレータにデータセットの追加権と編集権を与えたくない場合は、前述したオプションが無効になっていることをご確認ください。

16.01.2023 10:03:07

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.