ICharacterParams

動作

文字のプロパティに関する情報を保存します。

注:ローカルのルールチェックの場合、このオブジェクトの方法とプロパティの一部をウェブ検証ステーションで使用することはできません。サポート外の方法とプロパティには、アスタリスク(*)が付けられています。

メソッド

定義 説明
SetRect( newRect : string, [optional] pageId : int ) *

文字の新しい矩形を設定します。文字列フォーム[left, top, right, bottom]で、 newRectパラメータを渡してください。

セット長方形は、文字が含まれるフィールド領域内になければなりません。

注:この手法は、自動補正設定が出来ます。

プロパティ

名前 タイプ アクセス 説明
Confidence * int 読み取り専用

バッチタイプの信頼レベル0から100までの値を返します。

重要!このプロパティを使用する場合は追加データをある程度保存する必要があります。これによって、文書サイズが大きくなり、ディスクに新たなスペースが必要になる可能性があります。デフォルト設定では、追加データは保存されず、プロパティは無効になっています。プロパティを正しく使うために、レジストリキーを [HKEY_CURRENT_USER\Software\ABBYY\FlexiCapture\12.0\Controller] "ForceSaveConfidenceLevel" = "true"に設定します。 HKEY_CURRENT_USER の代わりに、文書を認識するユーザーアカウントの一部分を選択します。

IsSuspicious * bool 読み取り/書き込み

文字が確実に認識されるかどうかを指定します。このフラグは、カスタム認識設定が出来ます。

注:仮にIsSuspiciousプロパティが認識スクリプトによって文字に割り当てられると、プログラムはこの文字を含むフィールドをフィールド検証閾値と照合します。フィールド内のIsSuspiciousプロパティを持つ文字の割合が指定した閾値を超えると、NeedVerificationプロパティがフィールドに追加されます。

Lang * int 読み取り/書き込み

フィールドの文字の言語を検出します。

注:このスクリプトは検証段階で選択された文書のみを処理します。

NeedVerification bool 読み取り/書き込み

文字の追加検証が必要かどうかを指定します。このフラグの値は、文字が文書エディタで強調表示されるかどうかを決定します。

注:仮にNeedVerificationプロパティが認識スクリプト以外のスクリプトによってフィールドに割り当てられると、そのフィールドは自動的に検証に送られたものとしてマークされます。プログラムは、フィールド検証閾値(IsSuspiciousプロパティの注記を参照)をNeedVerificationプロパティと同じでもかまいません。

フィールド全体(特定の文字ではない)を検証する必要があるかどうかを指定するには、NeedVerificationプロパティ(IFieldインターフェイスを使用します

PageId * int 読み取り専用 文字の長方形が配置されているページを識別します。複数ページのフィールドに必要です。
Rect * IRect 読み取り専用 文字を含む長方形長方形が指定されていない場合、nullが返されます。
Symbol string 読み取り/書き込み 文字(1文字から成る文字列)

10.11.2020 12:08:06


Please leave your feedback about this article