文書定義の保護と追加モジュール

第三者に販売するためにABBYY FlexiCaptureを基にしたソリューションを開発することができます。ソリューションは文書定義であり、以下の追加コンポーネントを含むことができます:

  • FlexiLayout Studioで作成されたFlexiLayout
  • ルールを使用してデータをチェックするルールモジュールまたは特別なデータチェックアルゴリズム
  • エクスポートモジュールまたはカスタムエクスポート手順

以下を使用して、無免許使用からソリューションを保護することができます:開発者のライセンスと一意のソリューション識別子。解決策を使用できるのは、ユーザーのライセンスを持つユーザーのみです。

文書定義の保護

  1. ソリューションを説明するメッセージを送信し、そのコンポーネントを地域のABBYY オフィスにリストとして挙げます。
  2. ABBYYオフィスでは、開発しているソリューションのタイプに応じて、ソリューションソリューションのコンポーネントの固有の識別子を提供し、場合によっては開発者のライセンスも提供します。固有の識別子は、ソリューションのコンポーネントのソースコードに含めることができ、ユーザーのライセンスで指定された識別子と照合することができます。
  3. スタートABBYY FlexiCaptureし、文書定義エディタを開き、以下をクリックします:文書定義プロパティ...文書の定義メニューにあるのでクリックし、全般タブを選択し、ABBYYオフィスから受け取った固有のソリューション識別子を入力します。
  4. ソリューションをクライアントに販売するときは、ABBYYのオフィスに、固有のソリューションIDを含むユーザーライセンスを問い合わせてください。このライセンスがなければ、クライアントは文書定義またはFlexiLayoutを使用して文書を処理することはできません。

個々のコンポーネントの保護

どのコンポーネントも、完全なソリューションから独立して開発および保護することができます。

FlexiLayoutを保護したい場合は、開発者ライセンスが必要です。詳細の確認は、ABBYY FlexiLayout Studioヘルプのプロジェクト→FlexiLayoutsの保護機能とСlassifier記事を参照してください。

エクスポートモジュールとルールモジュールは、スクリプトを使用して文書定義に統合されています。これらのモジュールを保護するための開発者ライセンスは必要ありません。ソリューションで文書定義でモジュールを使用できる場合は、モジュールのコードに固有の識別子チェックを含めることで、それらを保護できます。

注:*.dll形式の外部ライブラリを開発し、ABBYY FlexiCaptureと統合することを推奨します。これにより、ユーザーはソースコードを利用できなくなります。

これを行うには、モジュールでIsModuleAllowedByLicense方法を使用して、ユーザーのライセンスでモジュールを使用できるかどうかを確認します:

IsModuleAllowedByLicense ( authorId : string, moduleName : string ) : bool
    

上記のコードサンプルでは、authorIdは開発者の固有の識別子であり、moduleNameはソリューションの固有の識別子です。

コードサンプル

10.11.2020 12:08:06


Please leave your feedback about this article