Japanese (日本語) - Change language

カスタムレポートの作成

ABBYY FlexiCaptureは、Microsoft Report Viewerで標準レポートとカスタムレポートを表示します。Microsoft Visual StudioおよびReport Builderでカスタムレポートを作成する方法は、 データセットを使用したカスタムレポートの作成 をご覧ください。

XML記述ファイル のご説明には、カスタムレポートのXML記述ファイルの詳細があります。これらのファイルは、カスタムレポートファイル(*.rdlまたは*.rdlc。詳細は、 カスタムレポートの有効化 ご参照)と一緒にFlexiCaptureのカスタムレポートフォルダに配置する必要があります。

注: SQLクエリまたは格納されたデータベースプロシージャを使用して収集されたレポート情報は、データセットとして表されます。格納されたプロシージャを使う予定である場合は、事前に作成してABBYY FlexiCaptureのデータベースに保存していることを確認します。

ヒント。

  1. クエリ処理とレポート生成の速度を最適化するようにしてください。処理に時間がかかるクエリは、システム全体を遅くする可能性があります。
  2. レポートのエントリ量を最小限に抑えるようにしてください。管理/監視コンソールで大きなレポートを読み込んだり表示したりすると、機械のリソースをたくさん使い、時間もかかります。

10.11.2020 12:08:06


Please leave your feedback about this article