TExportFieldType

動作

Int タイプの一覧。文書フィールドのタイプの定義。

許容値:

  • EFT_TextField = 0 - テキストフィールド
  • EFT_DateTimeField = 1 - データフィールド
  • EFT_NumberField = 2 - ナンバーフィールド
  • EFT_PictureField = 3 - ピクチャーフィールド
  • EFT_CurrencyField = 4 - 現在のフィールド
  • EFT_Checkmark = 5 - チェックマーク
  • EFT_CheckmarkGroup = 6 - チェックマークグループ
  • EFT_Group = 7 - 通常のグループ
  • EFT_Table = 8 - テーブル。テーブル行には、Itemsからアクセスするか、RowsオブジェクトのIFieldからアクセスできます。
  • EFT_Section = 9 - 文書セクション
  • EFT_Document = 10 - 文書。このタイプのフィールドは、文書レベルで書かれたルールでしか生じません。このようなフィールドのパラメータの大半は、利用できません。
  • EFT_TableRow = 11 - テーブル行。テーブルセルは、行の子フィールドです。これは、Childrenメソッドから利用できます。
  • EFT_TimeField = 12 - 時間フィールド

11/10/2020 12:08:06 PM


Please leave your feedback about this article