データ検証ステーション

データ検証ステーションの目的は、信頼性の低い認識された文字を検証することです。データ検証オペレータは、最初にグループ検証モードで不確定文字を見直し、次にフィールド検証モードで不確定文字を見直します。データ検証ステーションは、ローカルネットワークとリモートネットワークの両方で(インターネット経由で)動作します。認証にはログインIDとパスワードが必要です。

グループ検証では、オペレータには類似した文字のグループが表示されます。オペレータは、間違って認識された文字を見つけて補正し、必要に応じて対応するフィールドの画像と比較する必要があります。何らかの理由で文字を修正できない場合、オペレータはそれを不確実とマークします。

フィールド検証、オペレータには、値の範囲が事前にわかっているフィールドが表示されます。そのオペレータは、不確かな特性を状況に照らして検証する必要があります。フィールド検証では、抽出された文字を含む単一フィールド表示と、同じ画面内のすべての同一フィールドを示す複数フィールド表示の2つのビューが使用できます。

注:データ検証オペレータに加えて、検証オペレータおよびシニア検証オペレータによってデータ検証ステーションにアクセス可能です。どのオペレータがステーションで作業していても、データ検証キューにしかアクセスできません。

データ検証を開始するには:

  1. 以下を選択してデータ検証ステーションを起動します:スタート→すべてのプログラム→ABBYY FlexiCapture 12 ステーション→データ検証ステーション
  2. 適切なプロジェクトを選択します。
  3. クリックして検証を開始します。

注:最初にグループの検証が行われ、続いてフィールドの検証が行われます。文書定義にグループまたはフィールドの検証にフィールドが含まれていない場合、文書は検証のためにキューに入れられません。

クリックしてタスクを取得する自動モードを有効にすることができますまたはタスク→タスクを自動的に受信

データ検証が終了すると、バッチまたは文書のセットは、以下によって定義された次の処理ステージに送信されます:ワークフロー設定

データ検証オペレータが文書の処理に問題が発生した場合は、バッチまたは文書を例外ステージに送信するため、をクリックできます。

10.11.2020 12:08:06


Please leave your feedback about this article