タスク拒否で

起動した時

このスクリプトは、現在のタスクを拒否する前に起動します。

  • もし、 CanReject.Value プロパティが true に設定されているなら、スクリプトの実行後にタスクは拒否されます。
  • もし、 CanReject.Value プロパティが false に設定されていたなら、タスクは拒否されません。

既定では、 CanReject パラメータの値は true です。

注: イベントは、 タスクを拒否 コマンドを使用した時だけ生じます。ステーションを終了した時、イベントは生じません。

パラメータ/引数

名前 タイプ アクセス 説明
CanReject IBoolean 読み取り/書き込み タスクを拒否するかどうかを指定する
Context ITaskWindow 読み取り/書き込み タスクウィンドウ

11/10/2020 12:08:06 PM


Please leave your feedback about this article