処理ステージおよびキュー

文書はいくつかの段階で処理され、各段階で自動または オペレータによって特定のルーチンが実行されます 。段階には特定の順序があります。特定の段階を通過するには、文書は最初にそれより前のステージを通過する必要があります。全体として、画像の追加、認識、検証、エクスポートという段階が必要です。

各段階で、処理キューが形成されます( タスクの作成 を参照してください)。キューは、対応する段階のタスクセットを表します。処理が進むにつれて、文書は最初のキューから( スキャン )最後のキューへ移動します( 処理済 )。

処理ボリュームが大きい場合、検証ステージはそれぞれ、処理されるより小さなステージへ 各オペレータが細かく分けることができます 。データの検証、検証、文書のアセンブリチェック、エクスポートの確認で、ステージを個別に作成できます。

処理段階には必須なものと任意なものがあります。ステージが必要かどうかは、選択した ワークフロー スキームで決まります。

ステージ

  1. スキャン
    この段階のタスクはスキャンステーションで処理されます。シンプルモードでは、バッチ全体が処理されます。
  2. 再スキャン中
    この段階のタスクはスキャンステーションで処理されます。タスクは常に、スキャンした オペレータ に送信されます。
  3. 認識
    認識は処理ステーションで自動的に行われます。シンプルモードでは、バッチ全体が処理されます。
  4. 文書アセンブリのチェック
    この段階のタスクは、検証ステーションで処理されます。設定で個別の文書アセンブリステージが指定されていない場合、エラーのあるバッチや文書は確認段階で処理されます。
  5. データ検証
    この段階のタスクは、データ検証ステーションか検証ステーションで処理できます。
  6. 検証
    個別の段階が指定されていない場合は、文書アセンブリエラー、データエラー、ルールエラーを含むすべてのタスクが検証段階に送信されます。この段階のタスクは、検証ステーションで処理されます。
  7. バッチの整合性チェック
    整合性エラーのあるバッチがこの段階に送信されます。整合性チェックオプションは、バッチタイプを設定するときにスクリプトによって指定されます。この段階のタスクは、検証ステーションで処理されます。
  8. エクスポートの確認
    キャプチャされたデータの精度を高めます。バッチや文書は、 オペレータ がエクスポートに適していることを確認した後にのみエクスポートされます。この段階のタスクは、検証ステーションで処理されます。
  9. エクスポート
    このキューのタスクは、検証ステーションで処理されます。
  10. 処理済
    処理された文書はこの段階に送られます。
  11. 例外
    エラーのある文書は自動処理後にこの段階に送られます。加えて何らかの理由で文書を処理できない場合にも、 オペレータ はこの段階に文書を送信することがあります。

バッチ文書を 例外 へ送ると、バッチ全体が処理から外されて、エクスポートされません。

タスクの作成

大量の文書を処理する中で効率を最大限高めるため、バッチを別々のタスクに分割できます。

タスクは文書が段階に到着して処理可能になると、アプリケーションサーバー上の文書から作成されます。タスクは、指定されたワークフロー設定に応じて形成されます。

表示された 詳細設定 モードでは、段階プロパティでタスク内の文書数を指定できます。

もし、 バッチのすべての文書を待機 オプションが選択されている場合、文書はすべて現在の段階で処理された場合にのみ、次の段階に送信されます。

バッチ整合性チェック段階では、バッチのすべての文書へのアクセスが必要です。この段階で、 オペレータ は常にバッチ全体を受け取ります。

以前に作成したタスクを段階に送信することもできます。例:検証ステーションの段階へ文書を送るとき。検証ステーションは タスクを作成 オプションが 送信先… ダイアログボックスで選択されます。

注: 以前のバージョンのABBYY FlexiCaptureで作成されたタスク、または処理が中断されたタスクの場合は、管理およびモニタリングコンソールで新しいタスクを作成してください。

ワークフローのモードの指定は、 バッチタイプ 設定です。

以下も参照してください:

ワークフロー

10.11.2020 12:08:06


Please leave your feedback about this article