ユーザーコマンドで

起動した時

イベントは、ユーザーコマンドを呼び出した時に生じます (対応する項目が、メインメニューまたはツールバーに追加される場合)。

ユーザーコマンド識別子は、CI_UserCommand+ <non-negative integer>の形で表示されます。

パラメータ/引数

名前 タイプ アクセス 説明
CommandId TCommandID 読み取り/書き込み ユーザーコマンドの識別子
Context IMainWindow 読み取り/書き込み アプリケーションのメインウィンドウ

注:ユーザーコマンドをメインメニューまたはツールバーに追加するには、AppendItem / InsertItemAppendButton /InsertButtonメソッドをそれぞれIMenuインターフェースやIToolbarインターフェースで使用しなければなりません。コマンド識別子CI_UserCommandまたはCI_UserCommand+ <non-negative integer>が使用されなければなりません。

以下のサンプルコードは、コマンド識別子CI_UserCommand + 1でユーザーコマンドにメニュー項目を追加する方法を説明しています。

ABBYY.FlexiCapture.ClientUI.TCommandID userCommand = ABBYY.FlexiCapture.ClientUI.TCommandID.CI_UserCommand;
ABBYY.FlexiCapture.ClientUI.TCommandID userCommand1 = (ABBYY.FlexiCapture.ClientUI.TCommandID) ((int)userCommand + 1);
IMenu menu = MainWindow.MainMenu[0].Submenu;
menu.AppendItem( userCommand1, "User command" );
    

ユーザーコマンドに追加されたツールバーボタンまたはメニュー項目は、ユーザーコマンドでイベントハンドラが追加されない限り、無効となります。

以下のサンプルコードは、ユーザーコマンドでイベントの処理について説明しています。

ABBYY.FlexiCapture.ClientUI.TCommandID commandID = ( ABBYY.FlexiCapture.ClientUI.TCommandID )( CommandId );
ABBYY.FlexiCapture.ClientUI.TCommandID userCommand = ABBYY.FlexiCapture.ClientUI.TCommandID.CI_UserCommand;
ABBYY.FlexiCapture.ClientUI.TCommandID userCommand1 = (ABBYY.FlexiCapture.ClientUI.TCommandID) ((int)userCommand + 1);
if( commandID == userCommand1 ) {
<...ここで必要なメソッドを呼び出します ...>
  

10.11.2020 12:08:06


Please leave your feedback about this article