スクリプトの処理

動作

文書とバッチの処理スクリプトにより、文書とバッチの構成をそれぞれ変更し、文書内のセクションのカスタムオーダーやバッチ内の文書オーダーを指定することができます。処理スクリプトを追加できるのは、カスタムステージの詳細設定作成をワークフロー設定モードでする時です。

両方のスクリプトとも、複数の文書を処理するために使用され、処理の進行度を記録することができます。

文書処理スクリプト

処理されるすべての文書は、このスクリプトに戻されます。

パラメータ/引数

名前 タイプ アクセス 説明
Document IDocument 読み取り/書き込み 処理される文書
Processing IProcessingCallback 読み取り/書き込み 処理情報を記録するためのオブジェクト

注:タスクがキャンセルされると、処理ステータスはfalseになります (IProcessingCallback.ReportErrorメソッドを使用した場合と同様)。

バッチ処理スクリプト

スクリプトのパラメータを入力すると、バッチとその中の文書のセットが処理されます。文書の反復は、ユーザーにより実施されます。

バッチ処理スクリプトの利点は、バッチ構成を変更できるメソッドを使用できることです。このメソッドにより、文書やページを移動もしくは削除することができます。

パラメータ/引数

名前 タイプ アクセス 説明
Batch IBatch 読み取り専用。バッチとページ内部の*フィールドは、使用できません。 バッチ
Documents IDocuments 読み取り/書き込み。この文書では、バッチ構成を修正することができます。 処理される文書
Processing IProcessingCallback 読み取り/書き込み 処理情報を記録するためのオブジェクト

* - 内部のフィールドでは、メモリにオブジェクトを読み込むことが必要です。

11/10/2020 12:08:06 PM


Please leave your feedback about this article