Japanese (日本語) - Change language

バッチの構造の指定

バッチの構造の記述を、POSTリクエスト手段で複数ページのバッチを送る時に、追加できます。現在のバージョンは以下のシナリオをサポートします:

  • 文書をページから作成する
  • 所望の文書定義を文書で指定する

注:現在のバージョンは1レベルの文書のみサポートしています。

これらの機能を使用するには、BatchStructureの名前の別のテキストフィールドを多部分リクエストに追加します。この名前には、作成されているバッチの構造のjson記述を含め、以下のようにします:

{ 
"documents": [ 
               {
                               "template": "Banking_eng",
                               "pages": ["file1.jpg", "file2.jpg"]
                },
               { "pages": ["file3.jpg", "file4.jpg"] }
      ]
}
    

templateフィールドはオプションで、バッチ型の文書定義の一つの名前を含みます。pages配列にはリクエストで送信されるファイル名を含みます (filenameの値が使用されます)。文書の形成に使用されます。

注:このサービスでは、一つの画像を使用して異なる文書で複数のページを作成することは禁止されていません。この方法は、例えば、リクエストのサイズを小さくするために使用できます。

バッチ構造と一緒にjsonファイルを使用して、文書またはバッチで登録パラメータを記述することもできます:

{ 
   "regParams": [
      {"name":"batchParam1", "value":"param1value"},
      {"name":"batchParam2", "value":"param2value"}
   ],
   "documents": [
   {
      "template": "Banking_eng",
      "pages": ["file1.jpg", "file2.jpg"],
      "regParams": [
         {"name":"param1", "value":"param1value"},
         {"name":"param2", "value":"param2value"}
      ]
   } 
   ]
}
  

10.11.2020 12:08:06


Please leave your feedback about this article