Japanese (日本語) - Change language

ウェブサービスAPIへの接続

APIを使用するには、最初にウェブサービスに接続する必要があります。接続を、「ユーザーステーション」(ID=10) ワークステーション型の「ユーザーステーションオペレーター」 (ID=12) ロールによって、確立できます

API

SOAPリクエスト、JSONリクエスト、またはPOSTリクエストを介して、ABBYY FlexiCapture 12アプリケーションサーバーのウェブサービスAPIで作業できます。アクセスされるインタフェイスは、ウェブサービスのアドレスによって決まります:

方法 使用する時期 ハンドラ値
SOAPリクエスト どの操作でも使用可能 .../API/v1/Soap
JSONリクエスト どの操作でも使用可能 .../API/v1/Json
POSTリクエスト ファイルをサーバーにアップロードする、ファイルを分割してアップロードする、チェックサムを取得する、サーバーからファイルをダウンロードするなど、ファイルの操作を最適化するために使用できます。 .../FileService/v1

認証方法

ABBYY FlexiCapture 12では、標準のWindowsおよびBasic認証方法、またFlexiCapture認証を使用して、ウェブサービスAPIに接続できます。認証型は、ウェブサービスのアドレスによって決まります。WindowsおよびBasic認証を使用するにはアドレスに「/API」を含め、ABBYY FlexiCapture認証を使用するには「/FCAuth/API」を含めます。

注:API接続アドレスの末尾に?Tenant=MyTenantName形式のサフィックスを追加して、テナントを指定します。

異なる認証方法でのウェブサービスアドレスの例

10.11.2020 12:08:06


Please leave your feedback about this article