バッチの整合性確認

働き

バッチの構造を確認します。たとえばバッチに義務文書が含まれているか、コントロールページで指定した文書数と実際に処理した文書数が一致するか確認できます。

起動タイミング

スクリプトが起動するのは、エクスポート前(対応するオプションがワークフロー設定で選択済みの場合)か、ユーザーコマンドが明確にあったときです。

パラメータ

名前 タイプ アクセス 説明
CheckResults IBatchCheckResults 読み取り専用。バッチ文書とページにある*内部のフィールドは、使用できません。 確認中のバッチへアクセスを提供するオブジェクトです。確認結果の設定にも使用されます。

* - 内部フィールドで、メモリにオブジェクトを読み込むことが必要です。

注:このスクリプトで、次の方法は使用できません。HasField、Field、SaveAs、ExcludedFromDocumentImage、Page.Rect、Document.Children(文書フィールドをアドレス指定する場合は、IndexedItemValueを使用してください)。

10.11.2020 12:08:06


Please leave your feedback about this article