IEditablePictureObject

動作

ABBYY FlexiCaptureで編集可能な画像を表します。オブジェクトは、IPictureObjectインターフェイスを使用します

注:このオブジェクトをローカルのルールチェックのためウェブ検証ステーションで使用することはできません。

メソッド

定義 説明 許容される画像の色
ApplyContourSmoother ( params:IContourSmootherParams ) 画像に輪郭を滑らかに適用します。 グレー画像とカラー画像の場合
ApplyLocalContrastFilter ( params:ILocalContrastParams ) 画像に非適応コントラストを適用します。 グレー画像およびカラー画像用
ApplyMultiscaleLocalContrastFilter () 画像に適応コントラストを適用します。画像をスキャンに変換するためにこの方法を使用します。 グレー画像およびカラー画像用
ApplyShadowsHighlightsFilter ( params:IShadowsHighlightsParams ) シャドーライト効果を画像に変更するアクションを適用します。 グレー画像とカラー画像の場合
ApplySigmaFilter () 画像からデジタルノイズを除去します。 全画像用
AutoCrop ( [optional] type : string ) 画像を自動的にトリミングします。typeパラメータのあり得る値は、PhotoScan、およびGenericです。このパラメータは、デフォルトではGeneric に設定されています。 全画像用
Binarize ( params:IBinarizationParams ) 画像の色を白黒に変換します。プロパティセット内のConvertToBWメソッドと異なります。 グレー画像およびカラー画像用
ConvertToBW( [optional] threshold : int ) 画像を白黒に変換します。明るさの閾値を指定することができます。閾値レベルを超える値は白とみなされ、閾値レベルを下回る値は黒とみなされます。明るさの閾値の範囲は0〜255です。 全画像の場合
CreateBinarizationParams () :IBinarizationParams Binarizeメソッドのパラメータを持つオブジェクトを作成します。 全画像の場合
CreateContourSmootherParams () :IContourSmootherParams 輪郭スムーザーのパラメーターを持つオブジェクトを作成します。 全画像の場合
CreateLocalContrastFilterParams () :ILocalContrastParams 対比動作のパラメータを持つオブジェクトを作成します。フィルタ内のパラメータはデフォルトに設定されています。 全画像の場合
CreateShadowsHighlightsFilterParams () :IShadowsHighlightsParams シャドウライト効果を変更するアクションのパラメータを持つオブジェクトを作成します。 全画像の場合
Crop( rect : string ) 指定された四角形の外側に画像を切り抜きます。 全画像の場合
CutOut( rect : string ) :IEditablePictureObject 指定された四角形を画像から切り取り、この四角形を返します。 全画像の場合
Deskew( [optional] byLines : bool, [optional] byBlackSquares : bool, [optional] byText : bool ) 画像の傾きを補正します。画像の傾きは、直線、黒い四角またはテキストに基づいて補正することができます。既定では、byTextパラメータは以下に設定されます:true 全画像の場合
Despeckle( [optional] garbageSize : int ) 白黒画像からノイズを除去します。指定されたサイズまでの斑点除去は削除されます。GarbageSizeパラメータが指定されていない場合は、サイズが自動的に検出されます。 白黒画像のみ
Erase( rectangle : string, [optional] red : int, [optional] green : int, [optional] blue : int ) 画像上の領域を消去します。領域を消去する色を指定することができます。デフォルトでは、黒色が使用されます。 全画像の場合
FlipHorizontal() 画像を水平方向に反転させます。 全画像の場合
FlipVertical() 画像を垂直方向に反転させます。 全画像の場合
FreeScale( newWidth : int, newHeight : int, newResolution : int ) 新しい値に従ってページのサイズを変更します。 全画像の場合
Invert( [optional] rectString : string ) 画像を反転させます。四角形の座標を反転して文字列を指定することができます。 全画像の場合
NewRectsArray ():IRects 新しい四角形のコレクションを作成します。 カラー画像のみ
RemoveMotionBlur () スキャニング中の文書、カメラ、またはスキャナの動きによって生じたにじみを除去します。 全画像用
RemoveStamps( color:TColorToFilter, rects:IRects)

このメソッドは、画像から指定された色のカラースタンプおよびその他のマークを削除します。

  • color
    削除するスタンプの色。
  • rects
    削除するスタンプの四角形のコレクション。

カラー画像のみ
RemoveStampsExt( colorsToFilter : string )

このメソッドは、画像から指定された色のカラースタンプおよびその他のマークを削除します。以前の方法と似ていますが、より多くの色を削除できる改良されたアルゴリズムも使用しています。この方法を使用することをお勧めします。

colorsToFilter-削除するスタンプの色。

  • 次の文字列値を受け入れます。Red, Green, Blue, Yellow, Orange, LightBlue, Purple (大文字と小文字を区別しません)。
  • 複数の値をカンマで区切って指定することもできます(例:"Red, Green")。
  • 空の文字列( "")を指定して、プログラムが自動的に適切なスタンプカラーを選択できるようにすることもできます。プログラムは、画像上で検出されたスタンプを、許可されたカラー値のいずれかを持つものを削除します。

カラー画像のみ
Rotate( angle : int ) 画像を時計回りに所定の角度に回転させます。 全画像の場合
Scale( ratio : int )

100%の基本サイズを基準に画像を伸縮します。

この方法は、画像ピクセルサイズのみに適用される。画像の物理サイズは変更されません。

全画像の場合

注:そのrect以下にメソッドに渡されるパラメータは:CutOutCrop"[left, top, right, bottom]"の形式です。この文字列を取得するには、ToStringのあるIRectタイプのオブジェクトのメソッドを呼び出すか、FCTools::Rectメソッド。

IEditablePictureObjectオブジェクトのメソッドを使用するカスタム処理ステージのスクリプトの例

11/10/2020 12:08:06 PM


Please leave your feedback about this article